シンニチ保険WEB

損保協会、2021年度自賠責運用益拠出事業18.5億円を決定

損保協会は、2月18日(木)の同協会理事会において、各損害保険会社から拠出される自動車損害賠償責任保険の運用益を活用し、新規5事業を含めた42事業に対する総額18億5,228万円の支援を決定した。
同協会では、1971(昭和46)年から、同運用益を活用した自動車事故防止対策事業や被害者対策事業などの多様な分野に対する支援を行っている。
2021年度の支援では、自動車事故被害者対策を中心に取り組むとともに、昨今の交通環境の変化を踏まえて、自動車事故防止対策事業に重点的に拠出することを基本方針としている。
また、先進技術の活用が特に進んでいる分野である自動車事故防止対策においては、2019年度から公募制を導入し、より社会的ニーズに即した事業に拠出するように努めている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、IAIS統制機能監督に係る文書案に意見提出

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバーを寄贈

生保

ソニー生命、アイメイト協会へ寄付金贈呈

共済

コープ共済連、全国の小学校 5,933 校の新一年生にランドセルカバー30万5千枚を寄贈

損保

損保ジャパン、交通事故防止の啓発のための「キーホルダー」贈呈式実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和2年度東京都スポーツ推進制度唯一の「殿堂入り企業」として顕彰

生保損保

明治安田生命、みずほフィナンシャルグループ、損保ジャパン、第一生命、今年も全国107万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

大樹生命、第48回苗木プレゼント

共済

コープ共済連、マイページ手続き1件につき医療従事者に100円を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手の寄付

関連商品