新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、JR東日本とスマートフォンを利用した新サービスの実証実験

あいおいニッセイ同和損保と、東日本旅客鉄道(以下「JR東日本」)は、「地方創生」「地域活性化」の一環として、Connect IQ Labs,Inc(以下「Miles」※1)が開発するスマートフォンアプリの技術検証を進めてきた。このたび、同アプリの日本での実用化に向けた実証実験と取得データの検証を2月より実施する。
※1 2016年にシリコンバレー(米国カリフォルニア州)で設立されたスタートアップ企業
◆実証実験の概要
(1)取り組み内容
両社はMilesのアプリをカスタマイズして、日本での実証実験用アプリ「JREAD(ジェイリード)」※2を共同開発した。日本国内向けに画面デザインを変更するとともに、JR東日本の交通関連データや首都圏を中心とした駅の位置情報などを同アプリの移動手段判定アルゴリズムに反映することで、同アプリの利用者がどの交通手段を用いて移動を行ったかを判別する判定精度の向上を目指す。
※2 共同で商標出願中
(2)実施内容
・2月より約2か月間、事前に同意を得たモニターに「JREAD」をダウンロードしてもらい、同アプリの利用によって得られるモビリティ関連データを収集し、利用状況に応じて、リワードとしてJRE POINTを付与して利用者への付加価値を提供する。
・収集したモビリティ関連データを用いて、コロナ禍での新たな生活様式における利用者の移動手段や移動した範囲などを両社で分析・クラスタリング※3などを行い、JRE POINT付与による行動変容との相関関係を検証する。また、モニターへのアンケートを通じ、本サービスの社会的受容性について確認する。
※3 データ間の類似度に基づいて、データをグループ分けする手法
【実施期間】2021年2月~2021年3月末

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドライバーの運転挙動と健康の相関性に関する共同研究を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、通所介護事業を行う子会社の株式会社ふれ愛ドゥライフサービスの全株式を譲渡へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、商品ごとに提供しているアプリを統合した新アプリの提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

関連商品