シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、JR東日本とスマートフォンを利用した新サービスの実証実験

あいおいニッセイ同和損保と、東日本旅客鉄道(以下「JR東日本」)は、「地方創生」「地域活性化」の一環として、Connect IQ Labs,Inc(以下「Miles」※1)が開発するスマートフォンアプリの技術検証を進めてきた。このたび、同アプリの日本での実用化に向けた実証実験と取得データの検証を2月より実施する。
※1 2016年にシリコンバレー(米国カリフォルニア州)で設立されたスタートアップ企業
◆実証実験の概要
(1)取り組み内容
両社はMilesのアプリをカスタマイズして、日本での実証実験用アプリ「JREAD(ジェイリード)」※2を共同開発した。日本国内向けに画面デザインを変更するとともに、JR東日本の交通関連データや首都圏を中心とした駅の位置情報などを同アプリの移動手段判定アルゴリズムに反映することで、同アプリの利用者がどの交通手段を用いて移動を行ったかを判別する判定精度の向上を目指す。
※2 共同で商標出願中
(2)実施内容
・2月より約2か月間、事前に同意を得たモニターに「JREAD」をダウンロードしてもらい、同アプリの利用によって得られるモビリティ関連データを収集し、利用状況に応じて、リワードとしてJRE POINTを付与して利用者への付加価値を提供する。
・収集したモビリティ関連データを用いて、コロナ禍での新たな生活様式における利用者の移動手段や移動した範囲などを両社で分析・クラスタリング※3などを行い、JRE POINT付与による行動変容との相関関係を検証する。また、モニターへのアンケートを通じ、本サービスの社会的受容性について確認する。
※3 データ間の類似度に基づいて、データをグループ分けする手法
【実施期間】2021年2月~2021年3月末

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和2年度東京都スポーツ推進制度唯一の「殿堂入り企業」として顕彰

損保

あいおいニッセイ同和損保ならびにMS&ADインターリスク総研、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和2年度 地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として4年連続で大臣表彰を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、新たなサイバーセキュリティソリューションの提供に向けた協業を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「SpotTour保険」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、確定拠出年金制度に関わる野村證券からの顧客紹介業務開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、4月入社アスリート2名を採用

損保

あいおいニッセイ同和損保、レベル3遠隔型無人自動運転移動サービスにおける安全運行をサポート

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と新たな防災ソリューション開発に向けた共創取組を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、福岡県宮若市との「地域防災ネットワーク協定」締結およびハイブリッドカー用電源キット「Re-Q(リキュー)」を同市に全国初納入

関連商品