シンニチ保険WEB

東京海上日動、「グリーン・トランスフォーメーション(GX)タスクフォース」を設置

東京海上日動は、2月1日に、保険の開発・提供やリスクコンサルティングを通して、お客様のカーボンニュートラルの実現・脱炭素社会への移行に向けた取組みを支援し、産業の成長・発展に貢献することを目指す、「グリーン・トランスフォーメーション(GX)タスクフォース」を設置する。
地球温暖化・気候変動を背景に、世界各国で脱炭素化に向けた動きが加速する中、政府は温暖化への対応を成長の機会と捉え、2020年12月に「グリーン成長戦略」を公表するなど、今後あらゆる産業で低炭素化、脱炭素化に向けた取組の進展が見込まれている。
同社においても、地球温暖化・気候変動という重大な社会課題の解決に向けて、再生可能エネルギー向けの商品の提供やリスクコンサルティングを実施してきた。具体的には、2020年3月に、洋上風力発電事業のリスクを包括的に補償する専用パッケージ保険を開発している。また、同年6月に、同社グループの米国HCC International Holdings, Inc.社を通じて再生可能エネルギー事業向けの保険引受を行う保険総代理店GCube社を買収し、同社のノウハウの活用を推進してきた。さらには、同社グループ会社である東京海上日動リスクコンサルティング社が、独自の自然災害リスク評価モデルや再生可能エネルギーの専門人材などを活用し、洋上風力発電等の様々な領域におけるコンサルティングをお客様に提供してきた。
地球温暖化・気候変動への対応の重要性が増す中、これまでの取り組みを通して同社グループ全体で培ってきた叡智を結集し、幅広いお客様のこれからの取り組みに寄り添った支援を進めていくべく、この度、新たな取り組みを開始することとした。
◆主な取り組み
・国内洋上風力発電産業の普及促進に資する保険商品の開発
・蓄電池の普及、水素活用の促進、CCS・CCUS(※)等新技術の確立に資する保険商品の研究・開発
・分散型エネルギーシステム構築に向けた地方自治体・企業への支援
・外部専門人材等の採用・育成
・事業性評価に必要な各種コンサルティングサービスのワンストップでの提供体制の構築
(※)CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)とは排出された二酸化炭素を回収・貯留する技術であり、CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)とは、分離・貯留した二酸化炭素を利用する技術を指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバーを寄贈

生保

ソニー生命、アイメイト協会へ寄付金贈呈

共済

コープ共済連、全国の小学校 5,933 校の新一年生にランドセルカバー30万5千枚を寄贈

損保

損保ジャパン、交通事故防止の啓発のための「キーホルダー」贈呈式実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和2年度東京都スポーツ推進制度唯一の「殿堂入り企業」として顕彰

生保損保

明治安田生命、みずほフィナンシャルグループ、損保ジャパン、第一生命、今年も全国107万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

大樹生命、第48回苗木プレゼント

損保

東京海上日動、「地方創生に資する金融機関等の『特徴的な取組事例』」で大臣表彰を受賞

共済

コープ共済連、マイページ手続き1件につき医療従事者に100円を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手の寄付

関連商品