シンニチ保険WEB

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」の受賞者を発表

損保ジャパンは、一般社団法人障がい者自立推進機構が主催するアートコンテスト「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして協賛している。1月12日(火)にグランプリ等受賞者の発表があった。
1.「SOMPOパラリンアート2020」について
障がい者の社会参加や経済的自立支援に繋げることを目指したこのコンテストの開催は、今年度で5回目となり、昨年度に引き続きすべてのスポーツを題材にアート作品を募集した。全国各地の幅広い年代の皆さまから、778作品の応募があり、オリンピック・パラリンピックの種目や選手を描く躍動的な作品等、自由な感性に溢れた見応えのある作品の数々が寄せられた。
2.「SOMPOパラリンアートカップ2020」受賞者発表
今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮し、表彰式は行わず、公式WEBサイトに受賞者発表とオンラインミュージアム「パラリンアートミュージアム2020」の動画を公開する。
詳細は以下の公式WEBサイトを参照。
▼「SOMPOパラリンアートカップ」公式WEBサイト
https://www.asahi.com/sports/events/pacup/
▼「SOMPOパラリンアートカップ2020」グランプリ受賞作品
大阪府在住の久野浩太郎さんが受賞した。
・タイトル:「優勝」
・アーティスト:久野浩太郎さん
▼特別ギャラリー「パラリンアートミュージアム2020」
受賞作品と受賞者をミュージアム形式で紹介する特別ギャラリー「パラリンアートミュージアム2020」を開館する。欧州の伝統的な絵画館をイメージした館に、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞、各選手会賞、審査員個人賞、入選、二次審査通過作の上位52作品を展示した。初代館長には南海キャンディーズのしずちゃんが就任する。各作品の展示からは受賞者本人のコメントと審査委員長の寸評が読めるほか、著名審査員の講評が動画で観られる仕組みになっている。
3.今後について
損保ジャパンは、お客さまの「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスを提供し、社会に貢献するというグループ経営理念のもと、サステナビリティ、SDGsの達成に向けた取組みの一環として、「SOMPOパラリンアートカップ」に協賛している。「心の豊かさ」「人々の健康」に寄与するものとして取り組む文化・芸術活動を通じて、誰もが自らの個性を大切にし、持てる力を十分に発揮して多様な人が生きやすい共生社会の実現に貢献してきた。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、北海道留萌市との『地域防災力向上に関する連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、床上浸水時の保険金自動算定サービスを開始

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、AIを活用した書類のデジタル化に向けた取組みを開始

生保

損保ジャパン、「東京都スポーツ推進企業」に5年連続認定

損保

損保ジャパン、安曇野市との『地域防災力向上等に関する包括連携協定』を締結

生保

マニュライフ生命、マニュライフ生命カップ第15回エコノミクス甲子園全国大会2月14日(日)大会史上初のオンラインで開催

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、自動車事故における自動事故判定に関するAI技術を開発

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、SNSを活用した水災被害状況分析・被害推定システムを開発

損保

損保ジャパン、ICTセンシング技術を活用した自然災害における防災・減災サービスの共創開始

損保

損保ジャパン、阿蘇市および熊本トヨタ自動車株式会社と『持続可能なまちづくりに関する三者包括協定』締結

関連商品