シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、路線バスにて自動運転実証実験を開始

あいおいニッセイ同和損保は、路線バスの自動運転実証実験を開始するにあたり最適な保険の提供を行い、MS&ADインターリスク総研は、総合的なリスクアセスメントや安全管理体制の構築支援を行うことで安全・安心な実証実験の実施をサポートすることを決定した。
西武バス株式会社(以下:西武バス)と国立大学法人群馬大学(以下:群馬大学)は、2020年2月に自動運転技術に関する共同研究契約を締結し、研究を進めてきた。そしてこの度、群馬大学より発足したベンチャー企業である日本モビリティ株式会社(以下:日本モビリティ)の協力のもと、2021年2月より、遠隔監視システムを活用した自動運転大型バスによる実証実験を行う。この実験では、西武バス路線である西武池袋線飯能駅南口と美杉台ニュータウン(飯能営業所管内)間で国内初の試みとして、通常の営業運行をしている路線バス(※)と同じ運行形態で自動運転バスも運行する。
実験場所は以下のとおりである。今後、詳細なスケジュール等が確定次第、再度公表していく。
※路線バスとは一般乗合旅客事業において路線を定めて定期に運行するバスのことで、個別に運賃を支払い、同じ車両に複数の乗客が「乗り合わせる」日常の移動手段である。
■実施場所:西武池袋線飯能駅南口~美杉台ニュータウン(西武バス飯能営業所)片道約2.5㎞
※国土地理院地図データをもとに西武バス株式会社作成
https://maps.gsi.go.jp/#15/35.849874/139.317799/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0&d=m

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、渋谷区に官民連携のオープンイノベーション拠点の運営を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー菅沼菜々選手と所属契約を締結

損保

損保ジャパン、新宿駅周辺防災対策協議会訓練との連携によるドローンを活用した超高層ビル街複数拠点での災害対応実証実験を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、女性活躍推進法に基づく優良企業認定「えるぼし」の2段階目を取得

損保

あいおいニッセイ同和損保、JR東日本とスマートフォンを利用した新サービスの実証実験

損保

損保ジャパン、「塩尻型地域新MaaS×自動運転実証プロジェクト」におけるタクシー型乗用車を用いた「自動運転」公道モデル実証を実施

損保

損保ジャパン、愛知県事業「愛・地球博記念公園(長久手市)屋外公共施設における新たな車室空間体験を伴う移動自動運転実証実験」実施に参加協力

損保

あいおいニッセイ同和損保、4年連続でスポーツ庁による「スポーツエールカンパニー」に認定

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、「オンラインSDGsプラットフォーム」の取組みを推進

損保

あいおいニッセイ同和損保、「こどもあんぜんマイスター制度」を開始

関連商品