シンニチ保険WEB

東京海上日動、貿易プラットフォーム「TradeWaltz(R)」によるベトナム向け商流の電子化実証が、経済産業省の「海外サプライチェーン多元化等支援事業」に採択

東京海上日動と、貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」を運営する株式会社トレードワルツ(以下:トレードワルツ)、三菱商事プラスチック株式会社(以下:三菱商事プラスチック)、三菱商事株式会社(以下:三菱商事)、株式会社三菱UFJ銀行(以下:三菱UFJ銀行)の先行ユーザー4社(*1)は、互いに連携し、来年3月から三菱商事プラスチックと三菱商事のベトナム向け商流にて電子化実証を行うこと、また本件が経済産業省の令和二年度補正予算で措置された「海外サプライチェーン多元化等支援事業」(事務局:JETRO、以下:支援事業)に採択されたことを発表した。
あらゆるモノの流れに付随する貿易業務には、未だオフィスや行政機関での紙書類の処理プロセスが存在するため、コロナ禍でも実務者の一部は週1-2回の出社が必要になるケースがある。今後、仮に新型コロナウイルスの感染が再拡大する等し、出社ができない状況になった場合は貿易手続きが遅延し、サプライチェーンに影響を及ぼす可能性がある。そのため、フルリモートワークを阻害する要因(=紙書類を電子化するニーズ)はコロナ禍に大きな高まりを見せており、政府もサプライチェーン強靭化(多元化+デジタル化)の文脈で対策を急いでいる。
貿易業務を一元的に電子データで管理する「TradeWaltz」は、今般、輸出系の標準書類の電子化実装を完了したため、3月よりそのうちの一部であるLC(*2)受領機能から、先行ユーザーとシステム間連携し、実商流を用いた実証を行う。現行の取引では、銀行が手形の買取りの前提として船積書類の内容がLCの記載と一致しているか否かの調査を行う等、煩雑且つ書面を使った作業がある。この実証は、それらを全てシステムで統合し、システム上でチェックできるような仕組みを目指しており、上記政府のサプライチェーン強靭化施策の目的とも合致したため、支援事業の採択を受けた。
「TradeWaltz」では現状、全ての海外国のLCを扱うことが可能であるが、支援事業においては、2020年のASEAN議長国であり、また、対日貿易額が約400億米ドルに上る等、ASEANでわが国にとって最も重要な貿易相手国の一つでもある、ベトナム社会主義共和国の企業との商流で実証することとした。今年8月、梶山経産大臣とASEAN議長国ベトナムのアイン商工大臣との間で開催された「第4回日越産業・貿易・エネルギー協力委員会」にて共同閣僚声明(*3)もふまえ、この実証事業を推進していく。
トレードワルツと先行ユーザー4社は、今回のベトナムでの実証に止まることなく、引き続き連携し、ASEAN各国等の貿易業務の電子化にも貢献していきたいと考えている。
(*1)三菱商事プラスチックや三菱商事のベトナム向け商流(主にプラスチック原料になる低密度ポリエチレンなどの商材を取り扱っている。現地でポリ袋や食品・日用品包装材などの最終製品となり、コロナ禍で需要が増しているスーパーやテイクアウトなどで活用されている。)を実証に使用するため、本商流に関係する先行ユーザー4社が参加することとなったものである。
(*2)LC:貿易決済を円滑にするため、銀行が発行する支払いを確約する書面である。日本語では「信用状」と呼ばれる。
(*3)共同閣僚声明(一部内容を抜粋):日ベトナム閣僚は、企業が貿易関連文書をデジタルで交換できる「貿易プラットフォーム」の構築を通じて貿易手続を効率化し、地域のサプライチェーンの更なる高度化に貢献するための民間の継続的な取組を認識した。
【関係者のコメント】
・トレードワルツ代表取締役社長小島裕久氏
「1stユーザーとなっていただく三菱商事プラスチック様・三菱商事様の実商流をベースに、今回経産省の事業としてベトナムとの実証を進めてまいりますが、ASEANそしてRCEPの国々の皆様の貿易電子化、ならびにコロナのようなパンデミック下でのサプライチェーン強靭化に資するべく、今後さらに海外展開を進めてまいります。」
・三菱商事プラスチック代表取締役社長鏑木礼彦氏
「トレードワルツ社様が行う実証に今回1stユーザーとして参加させて頂く事となり光栄です。弊社の貿易実務プロセスの競争力向上に止まらず、サプライチェーン各社様の効率化や、貿易産業全体の強靭化に繋がる事を期待し、1stユーザーとして先端の貿易プラットフォーム構築のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。」
・三菱商事デジタル戦略部長平栗拓也氏
「いよいよ3月より、弊社実ビジネスでTradeWaltzを利用開始する運びとなりました。その取組を支援頂く経産省様・JETRO様に厚く御礼申し上げます。コロナ禍で日本のみならず世界で貿易実務者のリモートワークニーズが高まる中、TradeWaltzが解決の糸口となれるよう、まずは本実証から着実に実行してまいりたいと思います」
・三菱UFJ銀行トランザクションバンキング部長村上紀年氏
「コロナ禍であらゆる業種・業務でデジタル化が進展する中で、トレードについてはTradeWaltzが本邦におけるその有力なソリューションであると確信しております。その第一歩となる実証に銀行の立場から参画し、その後の利用拡大も視野に入れて、第一号案件に取り組み、サービス高度化に努めて参ります。」
・東京海上日動海上業務部長橋本浩介氏
「実ビジネスでの利用開始は画期的な第一歩であり、三菱商事プラスチック様・三菱商事様はじめご一緒させていただく皆様とともに、世界の貿易業務のデジタル化の発展に貢献すべく引き続き取り組んでまいります。」

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、【業界初】ドライブレコーダー映像からドクターヘリの出動要請を通報の仕組みを構築

損保

東京海上日動、中小企業専用ソリューションサイト「BUDDY+」を開設

損保

東京海上日動、災害に負けない強靭な社会を目指し「防災コンソーシアム(CORE)」を発足

損保

東京海上日動、日本郵便、傷害保険「JP生活サポート保険」デジタル申込みの提供開始

損保

東京海上日動、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発を開始

損保

東京海上日動、ドローンを活用した保全高度化支援サービス開始

損保

東京海上日動、企業向けテレマティクスサービス『法人ドライブエージェント』のラインナップ追加

損保

東京海上日動、ESGスコアの保険引受業務への活用に向けた実証実験を実施

損保

東京海上日動、防災IoTセンサと3D都市モデルを活用した先進的な防災サービスの開発を開始

損保

東京海上日動、「太陽光 PPA 事業者向けパッケージ保険」の提供開始

関連商品