シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、『SOMPOの働き方改革』を推進

SOMPOホールディングスは、コロナ禍を奇貨としたワークスタイルの進化とさらなる生産性の向上を目指し、働き方改革を「企業文化を変革する創業130年で最大のプロジェクト」と位置づけ、役職員が一丸となって取組みを進めている。
SOMPOホールディングスは、このたび公式ホームページに『SOMPOの働き方改革』の特設サイト(https://www2.sompo-hd.com/company/workstyle/pc/)を新設した。特設サイトでは、改革に込める想いや目指す姿、人事制度の見直しやデジタルの活用など、数々の挑戦の内容や現場の声を詳しく紹介している。
『SOMPOの働き方改革』では、SOMPOグループの全世界8万人の役職員が自分のミッションを明確に認識して、やりがいと幸せを感じながら働き、飛躍的に生産性を高めることで、持続的に成長していくことを目指す。そして、すべてのステークホルダーの皆さまへ新たな価値を提供することを目指し、グループ経営ビジョンである「安心・安全・健康のテーマパーク」を実現していく。
1.取組みの背景
SOMPOグループは、これまで人の多様性を受け入れ、活かすこと(ダイバーシティ&インクルージョン)や、社員やその家族の心と体の健康を大切にすること(健康経営(R)※)を経営の重要なテーマの一つとしてとらえ、その取組みを進めてきた。そして、それを基盤に徹底した「アウトプット主義」への転換を図り、場所を問わない働き方(リモートワーク)の早期導入や「ミッション・ドリブン」な働き方の定着を積極的に推進してきた。このたびのコロナ禍は、そうした取組みのさらなる強化の必要性とスピード感への意識を一気に高めることとなり、SOMPOホールディングスでは2020年8月に、新たにグループCEOを本部長とする「働き方改革推進本部」を設置し、『SOMPOの働き方改革』を経営の最優先課題の一つとして加速させていくことを決定した。
SOMPOグループは、これからも働き方を変えるさまざまな施策を展開し、全世界8万人の役職員が、あらゆるステークホルダーからの期待に応える魅力的なグループ、「いて欲しいSOMPO、いなくては困る「SOMPO」となることを目指して取組みを進化させていく。
※健康経営(R)は、NPO法人健康経営研究会の登録商標である。
2.『SOMPOの働き方改革』の概要と主な施策
(1)人材集団の変革
①ジョブ型人事制度の導入・拡大
②ミッション・ドリブン1on1
③デジタル人材育成
(2)多様な働き方
①場所を問わない働き方
②服装自由化
(3)働き方改革の効果の見える化
3.今後について
SOMPOホールディングスは、2021年度から始まる次期中期経営計画における基本戦略の一つとして、働き方改革を位置づけていく方針である。『SOMPOの働き方改革』の取組みの進化と定着に向けて、グループ内事業会社へ取組みの拡大を進め、役職員一人ひとりのやりがいや生産性の向上を図ることで、「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保その他

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、組織改編を発表

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を提出

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

損保

東京海上ホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

東京海上ホールディングス、株式報酬制度の詳細を決定

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況

損保

SOMPOホールディングス、『“Talk with”話そう。認知症のこと。』をコンセプトにイベント等を実施

関連商品