シンニチ保険WEB

三井住友海上、「RisTech」を新たなデータサービス事業として開始

三井住友海上は、2021年度から「RisTech(リステック)※」を新たなデータサービス事業として開始する。
同社は、2019年5月より、アクセンチュアと企業の課題解決を図るサービス「RisTech」を提供してきたが、5月の改正保険業法の施行に伴い、今般、「RisTech」のサービス対象範囲を拡大し、社会課題を解決する新たな事業として展開する。これまでの企業課題の解決を通じて培ったノウハウを活かして、社会課題の解決に資するサービスとして「RisTech」のさらなる強化を図る。
※「Risk」と「Technology」を掛け合わせた造語。リスクに関する知見や業界知識・最新技術のノウハウをもとにビッグデータ分析を活用し、企業の課題解決を図るサービスである。
同社は、保険契約の引受により保有する契約や事故のデータに加え、取引先企業から提供されたデータを含むさまざまな統計データを掛け合わせ、企業の抱える課題を解決する「RisTech」を通じて、各業界の課題やデータ分析手法、先進技術等、社会課題の解決につながるノウハウや知見を蓄積してきた。
今般の改正保険業法の施行により、お客さまの利便性向上に資するデータを活用した事業が可能となったため、従来の企業課題の解決に留まらず、業界全体や社会の課題解決にも貢献できるよう、さまざまなデータを活用した付加価値の高いサービスを新たなデータサービス事業として展開する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、米国インシュアテック企業 NEXT Insuranceへ出資

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック日本代表選手団に米岡聡選手、椿浩平選手が選出

損保

三井住友海上、Synamonとの協業によるVRを活用した家屋損害調査研修を開始

生保損保

住友生命、三井住友海上、みなとみらい21中央地区58街区横浜市と連携協定を締結

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムを導入

損保

三井住友海上、AIドローンとチャットボットを活用した「水災デジタル調査」導入

損保

三井住友海上、女性副支店長・副部長ポストの新設

損保

三井住友海上、ZVC Japan株式会社 (Zoom)との包括連携協定を締結

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、新損害サービスシステムを稼働

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック日本代表選手団に道下 美里選手、熊谷 豊選手、河口 恵選手が選出

関連商品