シンニチ保険WEB

損保ジャパン、2025年日本国際博覧会協会「道修町オフィス」会場を提供

損保ジャパンは、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会(以下、「博覧会協会」)※1へオフィススペースの無償貸与(寄付)を行うことを決定し、2020年9月9日に開所式を開催した。博覧会協会には会場を「プロデューサーオフィス」として活用するとともに、2025年日本国際博覧会(以下、「大阪・関西万博」)のイベント開催や情報発信の拠点として運営する。
※1:博覧会協会は2019年1月、国・地方自治体・経済界の協力のもと設立した。同協会は2025年の大阪・関西万博の準備および開催運営を行い、国際連合の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)達成に貢献するとともに我が国の産業および文化の発展を目指している。
1.背景・経緯
同社は大阪・関西万博の趣旨に賛同し、誘致の段階から積極的な支援をしてきた。
大阪・関西万博の運営を担う博覧会協会の設置に伴い、同社が行うことができる支援をさまざまな面から検討し、その中で、大阪市中心部の御堂筋近くに所在し、地下鉄の利便性も高い同社道修町(どしょうまち)ビルをサテライトオフィスとして利用するという案を博覧会協会で評価され、今般、プロデューサーオフィスとして活用することになった。
2.主な使用用途
・「プロデューサーオフィス」※2としての活用
・大阪・関西万博関連の情報交換を行う場
・イベント、発表会の開催
※2:大阪・関西万博のプロデューサー達が、万博の成功に向けて会場・パビリオン構想やイベントなどのさまざまなアイデアを立案し、磨き上げる意見交換の場のこと。
3.提供する会場の概要
名称:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会道修町オフィス
開設日:2020年9月9日
物件名称:損保ジャパン道修町ビル4階オフィスフロア
面積:428.92㎡
貸与期間:2026年1月まで
4.今後について
同社は、今後も博覧会協会への支援を通じて2025年の大阪・関西万博の成功に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、オリックス・エコサイクルが協業する「汚染土地活用サービス」を開始

損保

損保ジャパン、羽田イノベーションシティにおけるスマートシティ実証実験に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校へベルマーク200万点を寄贈

生保

アフラック生命、小児がん支援団体へ寄付

生保

アフラック生命、高校生向け奨学金制度2020年度新規奨学生168人を決定

損保

東京海上ホールディングス、「令和2年7月豪雨」被害に対する寄付金等の拠出

生保

住友生命、障がい者活躍推進に取り組む国際活動「The Valuable 500」に加盟

共済

こくみん共済coop、マイページの利用・登録で#今できるたすけあいを開始

生保

アフラック生命、WorkCAN’s(ワ―キャンズ)企業合同ピアサポート研修を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、児童健全育成推進財団初めてのパートナーシップを締結