シンニチ保険WEB

損保ジャパン、株式会社ティアフォーなど3社との共同作成による自動運転の安全性に関するレポートを公開

損保ジャパンは、株式会社ティアフォー(以下「ティアフォー」)が編集を行い8月4日に公開した「TierⅣSafetyReport2020(以下、本レポート)」の作成に、アイサンテクノロジー株式会社および、A.T.カーニー株式会社と共に協力した。
1.公開の背景
自動運転の安全性に関するデータは、今後の自動運転の普及にとって欠かすことのできない情報であり、損保ジャパンおよび協力する3社は自動運転に携わる企業として、安全性の情報を科学的に評価し、その情報の中に含まれている意味を正しく社会に向けて発信する責務があると考えている。
これまでの実証実験で得られた安全性に関する知見および多様な環境下での実証実験を通して培った経験を基に、本レポートでは、透明性の高い安全な自動運転技術の確立に向けた方向性を提示している。
これまでの実証実験のプロセスで見えてきたさまざまな課題についても形式知として広く共有することは、業界全体としてより安全に自動運転開発を進めるうえで極めて重要なことであり、実証から得られた全ての安全性情報は共有の財産であると考えている。
損保ジャパンは今後とも、既成概念にとらわれることなく、将来に向けて新しい価値を創造し、社会へ広く貢献していく。
2.レポートの内容
これまでの実証実験で得られた安全性に関する知見、そして今後の課題と対策を集約したレポートである。
「TierⅣSafetyReport2020」はティアフォーのニュースリリースを参照。
参照先URL:https://tier4.jp/news/safetyreport/

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、オリックス・エコサイクルが協業する「汚染土地活用サービス」を開始

損保

損保ジャパン、羽田イノベーションシティにおけるスマートシティ実証実験に参画

損保

損保ジャパン、2025年日本国際博覧会協会「道修町オフィス」会場を提供

損保

SOMPOホールディングス、事業者間オークション事業へ参入

損保

損保ジャパン、立山町と『防災力向上に関する連携協定』締結

損保

損保ジャパン、製造業のIoT導入促進に向けた共創を開始

生保損保

SOMPOひまわり生命、愛知信用金庫とのSDGsに関する包括連携協定を締結

損保

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、さっぽろ連携中枢都市圏12市町村と『まちづくりパートナー協定』締結

損保

損保ジャパン、傷害保険のチャットボットによる事故対応サービス開始

損保

損保ジャパン、新型コロナウイルス感染症による休業損失を補償する商品を改定