シンニチ保険WEB

損保協会、令和2年7月3日からの大雨による災害に関する損保業界の対応を発表

損保協会は、令和2年7月3日からの大雨による災害に万全の体制で対応するため、「2020年度自然災害対策本部」を設置した。本対策本部では、新型コロナウイルス感染防止に配慮しつつ、今般の大規模自然災害に総力を挙げて対応していく。
また、火災保険、自動車保険、傷害保険などの各種損害保険(自賠責保険を除く)については、令和2年7月3日からの大雨による災害により災害救助法が適用された地域で被害を受けた場合、継続契約の締結手続きおよび保険料の払い込みを最長6か月後の末日(2021年1月末日)まで猶予する特別措置を実施することとした。
併せて、道路運送車両法第61条の2の規定に基づき自動車検査証の有効期間が伸長された地域に使用の本拠を有する自動車等について、次のとおり自賠責保険の継続契約の締結手続きおよび継続契約の保険料の払い込みを猶予する特別措置を実施することとした。
詳しくは、契約の損害保険会社または損害保険代理店に連絡。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

損保ジャパンおよびSOMPOひまわり生命、「令和2年7月豪雨」による被災地への支援

共済

日本生協連、「2020年7月豪雨災害支援募金」を開設

損保

損保ジャパン、新型コロナウイルス感染症に関する寄付支援

損保

セコム損保、ピンクリボンフェスティバル2020に協力

損保

東京海上日動、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策支援として社員等による寄付を実施

生保

FWD富士生命、令和2年7月豪雨により被災者に義援金を寄贈

損保協会・団体

損保協会、災害時の保険金請求に関する情報発信を強化

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月豪雨で被災者へのチラシを作成

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命、令和2年7月豪雨に伴う被害に対し義援金

損保

三井ダイレクト損保、【三井ダイレクト損保スマイル基金】第6回投票結果を発表