新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、オンライン型研修プログラム「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」を開設

MS&ADホールディングスと京都先端科学大学は、テクノロジーを活用して新たなビジネスや商品・サービスを創造できる人財を育成するため、オンライン型の研修プログラム「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」を開設する。
本プログラムは、2020年4月に新設された京都先端科学大学・工学部が主体となって開発したもので、IoTやデータサイエンス等を専門とする講師が、MS&AD傘下の社員に対して即戦力となる実践的な研修を行う。
講義やディスカッションは、都合の良い時間に受講できるオンデマンド型と遠隔会議サービスを利用した同時双方向型を組み合わせて実施する。受講者は、オンラインを通じた実習によりドローンやIoTセンサー等のテクノロジーに触れ、データ取得から活用までの知識を習得することにより、時代に合ったビジネスモデルの創造や革新的な商品・サービスの開発につなげる。
京都先端科学大学とMS&ADは、本提携を通じた人財育成を積極的に進め、デジタルトランスフォーメーションやデジタルイノベーションを推進していく。
「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」の概要
(1)プログラム内容
①ドローン、IoTセンサー、ウェアラブルシステム等のテクノロジーの実習を通じたデータ活用知識の習得
②自然災害、健康医療、自動車等、各分野におけるテクノロジー活用の現状と課題の理解
③新しいビジネスモデル、商品・サービスの創造
(2)受講者数
2020年度は、グループ全体で約150名の受講を予定している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

損保

損保ジャパン、SOMPO流「逃げ地図」づくりワークショップの本格展開を開始

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、「2023BEST PRACTICES AWARD」で、米国子会社MOTERが「Enabling Technology Leadership Award」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、保険金の不正請求を検知する「AI不正検知システム」を開発

生損

MS&ADホールディングス、コーポレート・ガバナンスに関する報告書を公表

生保

明治安田生命、MYほけんアプリに新サービス「健康献立 by 味の素(株)」が登場

生保

第一生命、「exaBase Studio」を導入

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、Robust Intelligenceが業務提携

生保

SBI生命、アミフィアブルとGPT-4を組み込んだテスト工数削減AIアプリの新機能を共同開発

関連商品