シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「舞鶴市共生型MaaS」に参画

あいおいニッセイ同和損保、およびMS&ADインターリスク総研は、京都府舞鶴市、オムロン ソーシアルソリューションズ(以下「OSS」)、日本交通が2020年7月より舞鶴市で実施する「住民同士の送迎やバス・タクシー等を組み合わせた日本初の MaaS(以下、「舞鶴市共生型MaaS」)」にさらなる安全・安心を提供することを目指して、実証実験に参画することを合意した。
現在、地方都市では暮らしやすい街づくりが課題となっている。特に住民の移動に関してはバス・タクシー等のドライバー不足により公共交通の維持が大きな課題となっている。その課題解決に向け、舞鶴市、OSS、日本交通は、日本初の住民同士の送迎やバス・タクシー等を組み合わせた「舞鶴市共生型MaaS」の実証実験を2020年7月より開始する。舞鶴市共生型 MaaS は、「困っている人」と「助けたい人」をつなぐ“お互いさま”の「共生」の仕組みを実現することにより、地方都市における移動課題を解決し持続可能な社会の実現を目指すものである。
今般、あいおいニッセイ同和損保の強みであるテレマティクス技術を活用した安全運転の点数化(安全運転スコアリング)とMS&ADインターリスク総研のリスクアセスメントを活用し、舞鶴市共生型MaaSのさらなる発展に向けた取組の検証を進めていくこととなったものである。
詳細:https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/pdf/2020/news_2020062600700.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、音声認識・自動評価システムを活用した「非対面」電話応対品質診断サービスを開始

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保、新型コロナウイルス感染症や未知の指定感染症を補償する休業補償商品販売

損保

損保ジャパン、【業界初】対話型AIによる災害時の保険受付(電話受付)の自動化に関する実証実験を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、新たな中小企業向けサイバーリスク診断サービスの提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保 他3社、SYNQA社(旧 Omise Holdings)へ出資

損保

損保ジャパン、自動運転車の導入を支援するソリューションの共同開発を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、タイ初の運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「TOYOTACarePHYD」を発売

損保

損保ジャパン、愛知県の「自動運転社会実装プロジェクト推進事業」に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、在日ブラジル人コミュニティーに対する新型コロナ対策セミナーの提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京臨海部実証実験の交通事故調査業務を受託