シンニチ保険WEB

アニコム損保、犬の健康寿命延伸を目的とした「どうぶつkokusei調査」結果を公表

アニコム損保は、人とどうぶつ双方の健康寿命の延伸に寄与することを目的として、アニコム損保のペット保険契約者に対し、自身と契約どうぶつの健康状態や、環境やライフスタイル、ケアについての総合的なアンケート『どうぶつkokusei調査』(対象:犬、実施期間:2020年2月20日~3月2日、有効回答数:4,103件)を実施した。
本調査は、2016年(対象:犬・猫・鳥・うさぎ・フェレット)、2018年(対象:猫)に実施した「どうぶつkokusei調査」の第3弾である。全89問という多岐にわたる質問項目の中から、特に日々の暮らしに着目し、最新の犬事情を紹介する。
【調査概要(全89問のうち一部抜粋)】
・生活編
犬が普段生活している環境はどこ?/屋外で生活している犬を体格別で見ると?
●犬が普段生活している環境についての質問に対して、屋内が8割以上という結果になった。
・フード・おやつ編
フードを選んだ理由は?/フードで重視していることは?/フードで気になることは?/食いつきにムラがある犬の体格は?/おやつを与える理由は?
●なぜ今のフードを選んだかの理由として、多くあげられているのは「インターネット等で調べて(23.5%)」という回答になった。
・お散歩編
お散歩の頻度はどれくらい?/1回あたりのお散歩の時間はどれくらい?/2時間以上のお散歩をしている犬の体格は?
●お散歩の頻度についての回答で最も多かったのは、「1日2回(33.6%)」。
・お家でのケア編
歯や耳のケア、シャンプーの頻度はどれくらい?
・動物病院編
健康診断を受ける頻度はどれくらい?/健康診断を受ける時期はいつ?
●動物病院で健康診断を受ける頻度については、「1年に1回以下(47.0%)」という回答が約半数を占めていた。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、国立国際医療研究センターとの協働で新型コロナ感染予防のためのアンケートを実施

損保

アニコム損保、カード型温度計“ONE CHECKER”を5,000名にプレゼント

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

損保

アニコム損保、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断されたお客様へ見舞金支払いによる支援を開始

損保

エイチ・エス損保、たびともアンケート2020年2月を公表

損保

アニコム ホールディングス、静岡県 三島市のプロジェクトに参画

損保

アニコム損保、新型コロナウイルス対応に伴い、保険適用対象を拡大

損保

アニコム損保、令和最新版「猫の名前ランキング2020」と「人気猫種ランキング2020」を公開

損保

アニコム損保、三重県と動物愛護の推進に向けた協定を締結

損保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2020』を発表