新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、新型コロナウイルス感染症を補償する商品拡大

三井住友海上は、新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻化している現状を踏まえ、これを補償対象とする商品改定を、販売準備が完了次第、以下のとおり、近日中に実施する。
●傷害保険
(1)改定内容
・特定感染症危険補償特約(団体総合生活補償保険、学生・こども総合保険)
新型コロナウイルス感染症も、新たに保険金の支払い対象に含める予定である。なお、既に加入しているお客さまが新型コロナウイルス感染症に罹患した場合は、加入後10日以内に発病した場合であっても、保険金の支払い対象とする予定である。
〔対象商品、対象特約〕
 団体総合生活補償保険、学生・こども総合保険
 特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金」補償特約
 特定感染症危険「葬祭費用保険金」補償特約
・海外旅行保険、ネットde保険@とらべる
 新型コロナウイルス感染症で保険金の支払い対象となる「治療開始までの期間」を旅行期間終了後「72時間以内」から「30日以内」に緩和する予定である。
〔対象商品、対象特約〕
 海外旅行保険、ネットde保険@とらべる
・疾病死亡保険金支払特約
・治療・救援費用補償特約(疾病治療費用部分)
・疾病治療費用補償特約
(2)適用・対象契約
新型コロナウィルス感染症が「指定感染症」に指定された2020年2月1日に遡及しての適用を予定している。また、同日以降に生じた事故日時点において、有効であった同社との保険契約についても対象となる。
(3)保険料
改定による追加保険料の請求はない。
●休業損害を補償する保険(企業火災保険・新種保険)
(1)改定内容
「限定列挙」で感染症を定義している(現在、新型コロナウイルスは補償対象外)下表の商品・特約について、施設従業員または顧客等の来場者に新型コロナウイルス感染症の感染が判明し、当該施設が休業(保健所等の指示に基づく休業)した場合等に、一時金として20万円を支払いする予定である。
〔対象商品、対象となる契約〕
・ビジネスキーパー(事業活動総合保険):休業損害を補償する以下プランの契約
 保険始期日、契約プラン(※1)
 2019年10月1日~ベーシック、ワイド、ワイドPlus
 2015年10月1日~
 2019年9月30日 スリムⅡ、スタンダード
~2015年9月30日 スリム、スタンダード
(※1)保険始期日に応じて名称が異なる。
・店舗休業保険すべての契約
・プロパティ・マスター(企業財産包括保険):休業損害補償特約または食中毒・特定感染症利益補償特約がセットされた契約
・企業費用・利益総合保険、ビジネスプロテクター:食中毒・特定感染症利益補償特約がセットされた契約
・生産物賠償責任保険、旅館賠償責任保険、店舗賠償責任保険:食中毒・特定感染症利益補償特約がセットされた契約(※2)
(※2)保険始期日が2019年10月1日以降の契約で、補償される感染症に「新型コロナウイルス感染症」を含まないものに限る。
・事業財産総合保険:休業損失等補償条項において、休業損失を補償している契約
※いずれの商品も、施設での感染や消毒等の措置を伴わない、政府・地方自治体等による休業要請に基づく自主休業等は補償対象外である。
(2)適用・対象契約
新型コロナウィルス感染症が「指定感染症」に指定された2020年2月1日に遡及しての適用を予定している。また、同日以降に生じた事故日時点において、有効であった同社との保険契約についても対象となる。
(3)保険料
改定による追加保険料の請求はない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、個人向け火災保険で「建物省エネ化費用特約」を販売開始

損保

三井住友海上、「第108回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、IoTスマートごみ箱で観光地のごみ散乱抑止と再資源化を推進

損保

三井住友海上、宇宙関連スタートアップ企業等の支援における協業に関する基本合意締結

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、人的資本経営に取り組む企業向けに保険料割引制度を導入

損保

三井住友海上、「雹(ひょう)災緊急アラート」を提供開始

損保

三井住友海上、欧州大陸事業を再編

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

関連商品