新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、第17回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」募集開始

損保協会では、第17回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」を実施する。今年度は初めて、同協会で開発した「まち探検アプリ」を搭載したタブレット端末の無料貸出を実施する。
「ぼうさい探検隊」とは、(1)まちなかを探検、(2)マップを作成、(3)グループごとに発表する、実践的な防災・安全教育プログラムである。子どもの安全教育に役立つことに加え、地域コミュニティの強化にもつながる。
昨年度の第16回マップコンクールには、全国47都道府県の小学校や子ども会などから2,541の作品が寄せられ、第1回目からの延べ参加人数は20万人を超えた。
今般、より多くの方が手軽に「ぼうさい探検隊」に取り組めるよう、「まち探検アプリ」を開発した。本アプリを活用することで、探検から発表会までの一連のプログラムを従来よりも短時間で行うことができる。また、学校や指導者のための工夫も凝らしているので、新学習指導要領下のICT教育やプログラミング教育としても活用できる。
◆「まち探検アプリ」の概要
探検中、地図上の安全な地点や危険な地点ごとに写真をデータで取り込めるほか、コメントを音声や文字で入力できる。
グループごとに作成したマップを発表できる「発表会モード」も搭載し、参加メンバー間で複数のマップを簡単に共有できる。
地図や写真の印刷が不要になるため、事前準備が簡単になる。
■ぼうさい探検隊 参加申込フォーム
https://edp-entry.jp/

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を発表

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

損保協会・団体

損保協会、女優の山﨑玲奈さんを起用した2024年度防火ポスターを作成

損保協会・団体

損保協会、「第25回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会・団体

損保協会、「保険契約引受にかかる独占禁止法上の留意点」の新設と啓発活動の強化を実施

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる倒壊建物を対象とした共同調査で「全損建物」を認定~地震保険金の支払迅速化の新たな取り組み~

損保

損保協会、自賠責保険に関するお客さまの利便性向上と損保業界の業務効率化に向けた取組み状況を公表

関連商品