シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、マックス生命とMFS社における株式の交換および一部売却取引を再開

MS&ADホールディングスは、保有するMaxLifeInsuranceCompanyLimited(以下「マックス生命」、インドの持分法適用会社)の株式に関して、親会社MaxFinancialServicesLimited(以下「MFS社」)との株式の交換および一部売却取引の再開※1を決定し、3月3日に最終合意書※2を締結した。
今後、インド関連当局の認可を経て取引を完了した後、同社はMFS社を持分法適用会社にするとともに、同社へ取締役を派遣し、引き続きマックス生命の経営に関与していく。
三井住友海上は、今後もアジア地域の事業基盤を強化し、海外事業の持続的な成長を目指す。
※1:2019年8月6日に基本合意して以降、MFS社との最終合意に至らず、2019年11月6日に取引を中止した。その後、MFS社と協議を重ねた結果、双方の条件が合意し、取引を再開するものである。
※2:最終合意書の概要
三井住友海上が保有するマックス生命の株式のうち、20.57%をMFS社の新株21.87%と交換し、残りをMFS社に売却する。
(注)同社保有株式割合の変更等に基づき、株式割合は2019年8月6日時点の割合から変更

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

明治安田生命、オイロパ社(ポーランドの保険会社)の株式を追加取得

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

生保

ジブラルタ生命、機構改革および人事異動を発表

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

生保

大樹生命、持続可能な社会の実現に向けた取組みを発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

東京海上ホールディングス、カナダにおける新会社Tokio Marine Canada Ltd.Tokio Marine Canada Ltd.okioMarine Canada Ltd.の営業開始

生保

かんぽ生命、2022年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

ソニー生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリュー開示

関連商品