シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、車内カメラとAIを活用した「乗客見守りシステム」に関する実証実験を実施

あいおいニッセイ同和損保は、兵庫県神戸市北区において、車内カメラとAIを活用した乗客見守りシステムに関する実証実験(以下「本実証実験」)を実施する。
1.背景
国内ではMaaS※1実現に向けた実証実験が各地域で活発に行われており、多様化する移動ニーズにきめ細やかに対応するため、オンデマンドバス等の新しい形態の移動サービスの出現が期待されている。将来的には、自動運転車を活用した移動サービスの普及も想定される中、乗務員の不在時にも、乗客の安全・安心が確保されることが必要になると考えられる。
本実証実験では、米国・シリコンバレーに本社を置くmpathy.ai 社(以下「mpathy.ai」)が開発した「乗客見守りシステム(Visual Ride Attendant(以下「VRA」)※2)」を自動走行車両(以下「実証車両」)に搭載し、乗客見守りシステムの技術面の検証および移動サービス運営事業者・乗客へのヒアリングを通じた社会受容性の検証を行う。
なお、本実証実験は、同社が参画する「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム※3(以下「コンソーシアム」)の活動の一環として実施するもの。
■mpathy.aiについて
mpathy.aiは「ライドシェアを世界中の人々にとって素晴らしい体験にすること」を使命として、Dietmar Meister, Robin Koenig,Henning Thoele の3名によって2019年に創立されたシリコンバレーに本社を置く企業。
創設メンバーは自動車用ソフトウェア開発に関する知見を豊富に持ち、本実証で利用するシステムを開発・提供する。
2.「乗客見守りシステム」に関する実証実験の概要
■実施場所
兵庫県神戸市北区筑紫が丘
■実施日(予定)
2020年3月13日
■実施内容
実証車両※4にmpathy.ai開発のVRAを搭載したデモンストレーションを実施する。VRAの技術面および移動サービス運営事業者・乗客へのヒアリング※5を通じた社会受容性を検証する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「再造林等費用補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の事故データとSNSビッグデータの分析で、地域の自然災害リスクを調査する実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する同社商品・サービスを拡充

損保

あいおいニッセイ同和損保、NExT-e Solutions社と「蓄電池のリユース市場創出」に向けた協業を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、サプライチェーン攻撃対策の包括的支援メニューを提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「第11回 日本HRチャレンジ大賞」人材育成部門優秀賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ウエストホールディングスとが資本業務提携を締結

関連商品