シンニチ保険WEB

損保険協会東北支部、駐車場での事故防止を東北6県で注意喚起

損保険協会東北支部は、駐車場での事故を注意喚起するためのポスターを作成し、損保各社および東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)東北支社の協力のもと、啓発活動を実施する。
同支部が行った「東北6県の車両事故実態に関するモニタリング調査」(2018年1月~12月)では、車両事故の27.6%が駐車場内で発生し、うち「自動車同士の接触・衝突(59.4%)」や「施設物との接触(29.6%)」の事故の割合が高いという結果になった。
駐車場内では、他の車の動静や、壁・フェンスなどの施設物に注意を払い、バックをするときはバックミラーと目視の両方で確認することが必要である。
損保各社では、顧客である駐車場の運営会社に配布を行う。また、NEXCO東日本では、東北6県の高速道路のパーキングエリア・サービスエリアでポスター(NEXCO東日本との連名版)を掲示してドライバーへ注意喚起を行う。
駐車場内での事故は、賠償問題等の解決に多くの時間と労力を要し、当事者にとって大きな負担となる。
同支部では、事故防止・軽減に向けて、様々な業界・団体等と連携した取組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

関連商品