シンニチ保険WEB

損保険協会東北支部、駐車場での事故防止を東北6県で注意喚起

損保険協会東北支部は、駐車場での事故を注意喚起するためのポスターを作成し、損保各社および東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)東北支社の協力のもと、啓発活動を実施する。
同支部が行った「東北6県の車両事故実態に関するモニタリング調査」(2018年1月~12月)では、車両事故の27.6%が駐車場内で発生し、うち「自動車同士の接触・衝突(59.4%)」や「施設物との接触(29.6%)」の事故の割合が高いという結果になった。
駐車場内では、他の車の動静や、壁・フェンスなどの施設物に注意を払い、バックをするときはバックミラーと目視の両方で確認することが必要である。
損保各社では、顧客である駐車場の運営会社に配布を行う。また、NEXCO東日本では、東北6県の高速道路のパーキングエリア・サービスエリアでポスター(NEXCO東日本との連名版)を掲示してドライバーへ注意喚起を行う。
駐車場内での事故は、賠償問題等の解決に多くの時間と労力を要し、当事者にとって大きな負担となる。
同支部では、事故防止・軽減に向けて、様々な業界・団体等と連携した取組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

第一生命、みずほフィナンシャルグループ、損保ジャパン、明治安田生命、新小学一年生の交通安全を願い「黄色いワッペン」を贈呈

生保

そらべあ基金、ソニー生命協賛による「そらべあ発電所」設置幼稚園・保育園を募集

生保

アクサ生命、「ニューロダイバーシティ」の社会啓発活動を開始

生保

生保文化センター、「社会保険」や「生命保険」が学べる高等学校公民科・家庭科向け新副教材の提供を開始

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の特別協賛と募集開始

生保

明治安田生命、「あしながチャリティー&ウォーク」チャリティー募金を寄贈

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2019」チャリティー募金を寄贈

損保

三井ダイレクト損保、「防災・減災に繋げる安全運転のためのヒント集」に記事を追加

損保

井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」が累計投票者数20万人、寄付金額2千万円を突破

協会・団体

損保協会、住宅修理サービスなどのトラブル注意喚起動画を作成