シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく自己株式取得について発表した。
2019年11月19日開催の取締役会決議に基づく自己株式取得の終了についても、あわせて発表した。
1.取得した株式の種類 :同社普通株式
2.取得した株式の総数 :2,863,100株
3.株式の取得価額の総額:10,438,081,500円
4.取得期間      :2020年1月6日~2020年1月30日
5.取得方法      :東京証券取引所における市場買付
(参考)
1.2019年11月19日開催の取締役会における決議内容
(1)取得対象株式の種類 :同社普通株式
(2)取得する株式の総数 :800万株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 1.39%)
(3)株式の取得価額の総額:200 億円(上限)
(4)取得期間      :2019年11月20日~2020年3月24日
2.上記取締役会決議に基づき取得した自己株式の累計
(1)取得した株式の総数 :5,506,900株
(2)株式の取得価額の総額:19,999,459,800円

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、「SOMPO気候アクション」の加速に向けた「NZIA:ネットゼロ・インシュランス・アライアンス」への加盟と取組方針を強化

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務届出を踏まえ懸念等を発表

生保

明治安田生命、「『お客さまの声』白書2022」を発行

その他生保

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

SBI生命、2021年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果と成果指標を公表

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

関連商品