シンニチ保険WEB

損保協会、萩市消防本部へ高規格救急車を寄贈

損保協会中国支部では、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の運用益を活用した自動車事故の被害者救済支援事業の一つとして、2019年度に当協会から全国に寄贈する高規格救急自動車5台のうちの1台が、山口県の萩市消防本部に配備されることが決定したため、12月26日(木)に萩市消防本部で寄贈式が開催された。
寄贈式では、当支部山口損保会 寺尾 直樹会長(あいおいニッセイ同和損保山口支店長)から、藤道 健二 萩市長に目録とレプリカキーを手渡し、高規格救急自動車を寄贈した。次いで、藤道 健二 萩市長から、寺尾 直樹 会長に謝辞があった。
*寄贈実績
同協会では、1971年度から毎年、救急自動車を寄贈している。救急救命士制度の発足に伴い、1991年度からはより高度な救急医療機器を装備した高規格救急自動車を寄贈している。
2019年度までの高規格救急自動車の累計寄贈台数は281台、その他救急自動車の累計寄贈台数は1,389台となった。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体損保

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

共済生損

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

関連商品