シンニチ保険WEB

損保協会、萩市消防本部へ高規格救急車を寄贈

損保協会中国支部では、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の運用益を活用した自動車事故の被害者救済支援事業の一つとして、2019年度に当協会から全国に寄贈する高規格救急自動車5台のうちの1台が、山口県の萩市消防本部に配備されることが決定したため、12月26日(木)に萩市消防本部で寄贈式が開催された。
寄贈式では、当支部山口損保会 寺尾 直樹会長(あいおいニッセイ同和損保山口支店長)から、藤道 健二 萩市長に目録とレプリカキーを手渡し、高規格救急自動車を寄贈した。次いで、藤道 健二 萩市長から、寺尾 直樹 会長に謝辞があった。
*寄贈実績
同協会では、1971年度から毎年、救急自動車を寄贈している。救急救命士制度の発足に伴い、1991年度からはより高度な救急医療機器を装備した高規格救急自動車を寄贈している。
2019年度までの高規格救急自動車の累計寄贈台数は281台、その他救急自動車の累計寄贈台数は1,389台となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育・養育支援」2021年度支援対象者募集開始

生保

住友生命、第8回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体公募開始

生保

メットライフ生命と日本財団、全国の高齢者を支える在宅介護・看護従事者に緊急支援

生保

チューリッヒ・インシュランス・グループ、中野区社会福祉協議会へ390万円とマスク1万枚を寄付

生保

富国生命、フコクしんらい生命、医療機関および医療従事者に寄付を実施

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」対策に関する医療機関等への支援

生保

チューリッヒ生命、日本看護協会へマスク2万枚を寄付

生保

住友生命グループ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う寄付を実施

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施