シンニチ保険WEB

損保協会、岡山県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈

損保協会中国支部は、岡山県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈し、12月20日(金)に岡山自動車学校において贈呈式が開催された。
同協会では、自動車事故の被害者保護や自動車事故の防止を支援するために、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の運用益を活用した拠出事業を1971年から毎年行っている。
2019年度は上記事業の一環として、自転車利用者に対して、自転車の安全利用やルールの遵守等の徹底を図るため、全日本交通安全協会を通じて、岡山県を含む10道県の交通安全協会に対し自転車シミュレータを寄贈した。岡山県への寄贈は2016年度に次いで2台目となる。
贈呈式では、当支部岡山損保会 若狭真裕会長(あいおいニッセイ同和損保岡山支店長)から、岡山県交通安全協会 富田 満専務理事に目録を手渡した。次いで、富田専務理事から、当協会の交通事故防止に関する取組みに対し謝辞が述べられた上、若狭会長に感謝状が贈呈された。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育・養育支援」2021年度支援対象者募集開始

生保

住友生命、第8回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体公募開始

生保

メットライフ生命と日本財団、全国の高齢者を支える在宅介護・看護従事者に緊急支援

生保

チューリッヒ・インシュランス・グループ、中野区社会福祉協議会へ390万円とマスク1万枚を寄付

生保

富国生命、フコクしんらい生命、医療機関および医療従事者に寄付を実施

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」対策に関する医療機関等への支援

生保

チューリッヒ生命、日本看護協会へマスク2万枚を寄付

生保

住友生命グループ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う寄付を実施

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施