シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、障がい者の活躍推進に取り組む「The Valuable 500」に加盟

あいおいニッセイ同和損保は、障がい者の活躍推進に取り組む世界的イニシアティブ「The Valuable 500※」に加盟した。
※The Valuable 500 とは
2019年1月に世界経済フォーラム年次総会(於ダボス)で発足した世界的イニシアティブ。インクルーシブなビジネスは、インクルーシブな社会を創るという考えのもと立ち上げられ、障がい者がビジネス、社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような改革をビジネスリーダーが起こすことを目的としている。
1.背景
同社はダイバーシティ&インクルージョン推進を経営戦略の一つとして位置付け、多様な人財が活躍できるよう各種施策に取り組んでいる。具体的には、「地域貢献に資する取り組みにより地域の発展に寄与する」ため、各地域の特別支援学校からインターンシップを経て採用する「地域密着モデル」の展開や、特定業務集中職場「オフィス・事務サポートセンター」を開設した。また、「障がい者スポーツを通じた共生社会の実現」に向けて、各地で行われる大会や競技の応援、アスリートの就労支援など、障がい者スポーツの魅力を伝える活動を行い、企業文化としての定着に取り組んでいる。
同社は「The Valuable 500」の考えに賛同し加盟することで、さらなる取り組みの推進をしていく。
2.あいおいニッセイ同和損保「The Valuable 500」へのコミットメント
わたくしたち、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、ダイバーシティ&インクルージョン推進を重要施策の一つとして、障がい者雇用の拡大、活躍推進に向け、「誰もがみんな、楽しく、誇りをもって」働くことができる職場の実現、地域共生社会の実現を目指します。また、行動指針として掲げる「地域密着」の更なる実現に向けて、全社一丸となって、障がい者スポーツ支援、チャレンジする障がい者アスリートのサポートを通じた地域貢献活動を実践します。
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、“明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする「特色ある個性豊かな会社」を確立し、企業価値の向上と持続的成長の実現”を目指す姿として、ダイバーシティ&インクルージョン推進を、同社の経営戦略の一つとして位置付けます。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、2020年度自賠責運用益拠出事業19億円を決定

協会・団体

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度第2期キックオフセレモニーを開催

損保

アニコム損保、三重県と動物愛護の推進に向けた協定を締結

生保

プルデンシャル財団、「キッズドア」への支援を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、米国子会社AioiNissayDowaInsuranceServicesUSACorporationの保険ソフトウェア「MOTER」が「CES2020」で紹介

損保

損保協会九州支部、時代の変化に果敢にチャレンジする損保業界の取組みを紹介

損保

あいおいニッセイ同和損保サイバーセキュリティ保険を自動付帯した「アイコンサービス」の提供開始

協会・団体

損保協会、IAIS気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言実施に係る文書案に意見を提出

協会・団体

損保協会、第16回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」表彰式を開催

損保

損保ジャパン日本興亜、埼玉県NPO基金への寄付の実施