シンニチ保険WEB

共栄火災、マリ共和国の難民キャンプに衣類など12,596点を寄贈

共栄火災は、11月1日(金)から12月13日(金)までの間、西アフリカ・マリ共和国の難民支援を目的とした「クリスマス・チャリティ」を実施した。
「クリスマス・チャリティ」は、毎年クリスマスの時期に、社員の各家庭で不用となった衣類や薬、文房具、おもちゃなどの物品を持ち寄り、NGO「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じて、西アフリカ・マリ共和国の難民キャンプに寄贈する活動である。
1993年に開始して以来、27年目を迎えるこの活動は、今年も多くの社員の賛同と協力を得て、また、共栄火災のOB・OG約1,000名が所属する「共栄旧友会」も加わって、全国から多数の物品が寄せられた。集まった物品の総数は12,596点、段ボール455箱分となった。
「クリスマス・チャリティ」では、集まった物品を日本から西アフリカに輸送するための募金も実施し、役員・社員や関連会社社員から803,136円が集まり、この募金に会社からのマッチング・ギフト401,568円と共栄旧友会からの募金346,605円を加え、募金総額は1,551,309円となった。
また、全国農業協同組合連合会(JA全農)グループで、同社の保険代理店でもある全農ビジネスサポートも同社の活動に賛同し、同様のチャリティを実施している。その結果、段ボール69箱分の物品と、169,955円の募金が集まった。
今年の「クリスマス・チャリティ」では、全農ビジネスサポート分とあわせて、段ボール524箱分の物品と1,721,264円の募金が西アフリカ・マリ共和国の難民キャンプに寄贈・寄付される。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

関連商品