シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、東京東信用金庫とのSDGsに関する包括連携協定の締結

損保ジャパン日本興亜は、東京東信用金庫と東京東信用金庫の取引先企業のSDGsへの取組みを支援する事業への貢献を目的に、『SDGsに関する包括連携協定』を12月3日に締結した。
1.背景・経緯
・東京東信用金庫は国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を取引先企業に周知するとともに、取引先企業が行うSDGsへの取組みを支援することにより企業の持続的成長と地域経済の活性化を推進している。
・損保ジャパン日本興亜は、リスクテイカーとして、保険商品、防災、減災に資するサービスの提供やグループのリソースを活用し、企業の持続的成長と地域経済活性化に貢献するため、今般包括連携協定を締結するに至ったものである。
2.協定の目的
本協定は、東京東信用金庫と損保ジャパン日本興亜が緊密な相互連携と協力のもと、地域産業の安定的な繁栄と地域経済の活性化を図ることを目的としている。
3.協定の主な内容
以下の7項目において業務連携を行う。
(1)SDGsの情報発信・普及啓発に関すること
(2)働き方改革に関すること
(3)健康経営に関すること
(4)人材育成に関すること
(5)事業継承に関すること
(6)災害対策に関すること
(7)その他、地域経済の活性化に関すること
4.今後について
損保ジャパン日本興亜は、今後もパートナーシップによるSDGsの取組みにより様々な社会的課題を解決し、地域社会の活性化に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、富山県小矢部市との『防災力向上に関する連携協定』を締結

生保

日本生命、千葉県版包括協定「2020ちばパートナーズ」に登録

損保

損保ジャパン日本興亜、長野県塩尻市における自動運転技術実用化に向けた包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、富山県砺波(となみ)市との『防災力向上に関する連携協定』締結

損保

損保ジャパン日本興亜、「東京都スポーツ推進企業」および「スポーツエールカンパニー」の認定取得

損保

損保ジャパン日本興亜、『風力発電事業者/レンダー向け稼働率保証保険』の開発

損保

損保ジャパン日本興亜、半導体ベースの新型コンピュータを活用した損害保険ポートフォリオ最適化に関する実証実験を開始

損保

損保ジャパン日本興亜とSOMPOリスクマネジメントが一橋大学・東京商工リサーチと「災害レジリエンススコアリングモデル」を共同開発

損保

損保ジャパン日本興亜、新・海外旅行保険【off!(オフ)】でチャットボットによる契約手続きサービス開始

生保

明治安田生命、足立区と「健康増進と暮らしの向上に資する包括連携協定」締結