シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度で修了式を開催

損保ジャパン日本興亜環境財団は、環境人材育成プログラム「NGO Learning Internship Program in Indonesia」を今年2月からインドネシアで実施している。このたび、第一期生の修了式を、10月31日にジャカルタで開催した。本プログラムは、損保ジャパン日本興亜環境財団が2000年から日本国内で実施している、大学生・大学院生を環境NGOに長期間インターン派遣する「CSOラーニング制度」を、初めて海外で導入したもの。
1.インドネシア版CSOラーニング制度の概要
名称:NGO Learning Internship Program in Indonesia
参加学生:インドネシアの大学生・大学院生 20名
派遣先NGO:インドネシアに所在する環境NGO(10団体)
活動期間:2019年2月~9月(8か月間)
内容:派遣先NGOでのインターン活動による、環境保護の実務経験/学生間の相互啓発・情報交換のための定例勉強会/環境保全の現場を視察するワークキャンプへの参加/日本のCSOラーニング参加学生とのテレビ会議で意見交換 ほか
2.修了式
10月31日にジャカルタ市内の会場で開催された修了式には、参加学生のほか、環境NGOの職員や現地メディアなどから、約50名の方が参加。損保ジャパン日本興亜環境財団専務理事の西脇から、学生の皆さんに、今回の経験を今後の人生に役立てて欲しいというメッセージを送り、一人ひとりに修了証を授与した。
3.今後について
損保ジャパン日本興亜環境財団では、本プログラムの活動を通して、「インドネシア国内における環境NGOへの理解促進」、および学生に対し「環境NGOでの就業経験による、将来の就職先選択の広がり」を目的に、今後もインドネシアにおいて、本プログラムを継続実施していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

関連商品