シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、第5回「SOMPOアート・ファンド」を公募

損保ジャパン日本興亜は、「SOMPOアート・ファンド」を通じて、全国の個性豊かなアートプロジェクトや国際的なアートフェスティバル等への支援を行っている。
現在、2019年10月10日(木)~2019年11月7日(木)を公募期間として、第5回「SOMPOアート・ファンド」の公募を行っている。
1.第5回「SOMPOアート・ファンド」の公募について
(1)「SOMPOアート・ファンド」の概要
公益社団法人企業メセナ協議会が運営する「2021芸術・文化による社会創造ファンド(2021ArtsFund)」の仕組みを活用し、2016年6月に設立した全国の文化・芸術活動を支援するファンドである。全国の活動に目を向け、創造性にあふれる「未来の会づくり」の視点から、全国の芸術祭等に対して支援を行うことで国際交流や地域の活性化などに貢献していく。これまでに70件の文化・芸術活動への助成を行っている。
(2)支援対象
①未来の文化創造に貢献し、人々のクリエイティビティを高めていくような文化・芸術活動
②地域の魅力を顕在化させ、その独自性を発揮していくような文化・芸術活動
③文化による国際交流、および多方向性ある文化交流を促すような文化・芸術活動
④その他、文化・芸術による社会課題の解決および社会創造に寄与する活動
(3)対象活動
2020年4月以降に開始する活動のうち、2021年3月末日までに完了する活動
(4)公募期間
2019年10月10日(木)~2019年11月7日(木)
(5)助成額
総事業費1/2以内で、最大300万円
(6)助成要領
詳細は、企業メセナ協議会の芸術・文化への寄付に関するポータルサイト「かるふぁん」を参照。
https://culfun.mecenat.or.jp/grant/sompo/
(7)問い合わせ先
「SOMPOアート・ファンド」事務局(公益社団法人企業メセナ協議内)
TEL:03-5439-4520FAX:03-5439-4521
e-mail:sompo@culfun.mecenat.or.jp
2.今後について
第5回「SOMPOアート・ファンド」の助成活動団体は、有識者から構成される選考委員会を経て、2020年2月頃に決定する予定である。損保ジャパン日本興亜は、これからも文化・芸術の振興を通じて、よりよいコミュニティ・社会づくりに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

関連商品