シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、セガ・ロジスティクスサービスと高齢者の運転寿命延伸を支援する「運転シミュレーター」を開発

損保ジャパン日本興亜と株式会社セガ・ロジスティクスサービス(以下「セガ・ロジスティクスサービス」)は、高齢者の事故の削減を目的として、運転に関する認知機能や運転技能を診断・トレーニングできる機能を備えた「運転シミュレーター」を共同で開発し、2019年12月から提供を開始する。
1.開発の背景
昨今の高齢ドライバーによる事故の増加を背景に、75歳以上の方の運転免許更新時における認知機能検査導入や高齢者向け限定免許制導入の検討など、高齢者の事故の削減が社会的に重要な課題となっている。
また、事故を未然に防ぐためには、運転者自身が運転に関する認知機能や運転技能の状態を把握し、機能維持や技術向上のトレーニングを行うことで、健康で安全に運転できる状態を維持していくことが重要といえる。
このたび、損保ジャパン日本興亜の「安心・安全・健康に資する最高品質のサービスを提供する」という経営理念と、セガ・ロジスティクスサービスの「高齢ドライバーによる事故を未然に防ぐための運転シミュレーターの開発、製造に取り組んでいく」という企業方針が一致したことから、両社は、高齢者の事故削減を目的に運転に関する認知機能や運転技能の診断・トレーニング機能を備えた運転シミュレーターを共同で開発した。(監修東京医科歯科大学:朝田隆医学博士、佐賀大学:堀川悦夫医学博士)
2.運転シミュレーターの特徴
(1)認知機能・運転技術のレベルチェック
・シミュレーター上の運転結果をもとに、危険予測や判断力・記憶力など運転に関する認知機能のレベル、操作の正確性や反応速度など運転技術のレベルがチェックできる。
・チェック結果を、「運転脳年齢」および「運転技能分析」としてスコア化し表示する。
(2)トレーニング効果等
・シミュレーターでさまざまな運転シーンを繰り返し体験することで、記憶力や判断力・反応力などのトレーニングにつながる。
・シミュレーター上で事故のヒヤリハットの場面を経験することで、実際の車の運転時の事故防止意識の高まりを期待できる。
3.今後の展開
今後、両社は自動車ディーラーや自動車教習所などへ本運転シミュレーターの導入提案を行い、多くの人が利用することで高齢者の事故の削減と安全なクルマ社会の実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、認知症サポート『SOMPO笑顔倶楽部』のコンテンツ拡充および一部一般開放

損保

三井住友海上、アトラエ、日本生産性本部が連携して従業員のエンゲージメントと生産性の向上に関する取組みを開始

損保

SOMPOホールディングス、『SOMPO認知症サポートプログラム』世界アルツハイマーデー(9月21日)に向けた取組み

損保その他

MS&ADインターリスク総研、水災リスク情報一括確認システム(愛称「スイサーチ」)を開発

生保

第一生命、営業品質の標準化と生産性向上に向けた実証実験を開始

損保

損保ジャパン、大日本住友製薬およびAikomiと認知症・介護関連のデジタル機器の研究開発、事業化に向けての連携に合意

生保

第一生命、AIがお客さまの意向に基づき保障プランを提示するシステムを開発

損保

SOMPOホールディングス、「SOMPOスマイル・エイジングプログラム」始動

損保その他

SOMPOリスク、オンラインで行う危機対応体制構築支援サービスの提供開始

損保その他

SOMPOリスク、非接触型BCMコンサルティングサービスの提供開始