シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、大学スポーツ協会(UNIVAS)とパートナーシップ契約を締結

MS&ADホールディングスおよび、KDDI、マイナビは、大学スポーツ協会(以下UNIVAS)とパートナーシップ契約を締結した。
◆大学スポーツの更なる活動の充実へ
UNIVASは、2019年3月1日の設立以来、年間を通じて大学スポーツをもっと盛り上げ、競技を超えてより多くの人々に関心を寄せてもらうため、競技横断大学対抗戦『UNIVAS CUP 2019』を開催している。さらに本大会に合わせて、より多くの方に大学スポーツに触れてもらうために、『動画配信事業』を行うなど、大学スポーツの新たな価値創造に向け活動してきた。
今回のパートナーシップ契約の締結により、大学スポーツにおける「学修支援」「安全安心」「ファン層拡大」の各領域の活動をより一層充実させ、大学生アスリートの環境整備に努めていく。
◆テクノロジーによる大学スポーツのアップデートへ
パートナー契約を締結したKDDIは、「おもしろいほうの未来へ」をauのブランドメッセージとして掲げ、これまでにボルダリング・サッカー・モータースポーツなどのさまざまなスポーツへ継続的・多面的な支援を行ってきた。
このたびのパートナーシップ契約により、同社の協力を得て、次世代移動通信規格「5G」やIoTなど最新テクノロジーを活用し、大学生アスリートの競技能力の向上や新たな観戦体験の提供、ファン層の拡大に向けた支援を共同で行っていく。
◆大学生アスリートのキャリア支援へ
パートナー契約を締結したマイナビは、これまで、野球やサッカー、ビーチバレー、フェンシングなど、幅広い種目において、大会や選手、チームなどの発展・成長の支援を行ってきた。その中で、学生のスポーツ大会の協賛や、アスリート選手のキャリア・就職支援もされている。このたびのパートナーシップ契約により、大学生アスリートのキャリア形成に関するサポートをはじめ、UNIVAS設立の理念である「卓越性を有する人材」を世の中に輩出していける体制を共同で構築していく。
◆安全安心の確立に向けた一歩へ
パートナー契約を締結したMS&ADは、「歩みをとめるな」をキーワードに、サッカー日本代表、女子柔道、女子陸上、トライアスロン、水泳などの各分野で、「歩みをとめない」アスリート・パラアスリートへの支援を行っている。このたびのパートナーシップ契約により、重大事故の予防など大学スポーツのリスクマネジメント及び、大学生アスリートが安心して学業やスポーツに打ち込むための活動支援を共同で行っていく。
なお、パートナー企業各社の掲出ロゴ、代表者コメントは以下を参照。
https://www.ms-ad-hd.com/ja/news/news_topics/news_topics-7158234905734265317/main/0/link/190821_UNIVAS_hd.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

ソニー生命、「ソニー生命カップ第44回全国レディーステニス大会」に協賛

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

関連商品