シンニチ保険WEB

損保協会、福井児童クラブで教育効果性の高い「ぼうさい探検隊」を実施

損保協会四国支部では徳島県損害保険代理業協会が実施する徳島県阿南市福井児童クラブでのぼうさい探検隊に徳島地方気象台の講師を派遣し、小学校1年生~6年生の児童20名が参加した。
1.日 時:2019年7月25日(木)13時30分~14時10分
2.場 所:福井児童クラブ
3.テーマ:「地震・津波に備える」
4.講 師:徳島地方気象台次長鈴木 勇次氏
阿南市福井地区は、昭和南海地震の際、大津波が同地区を襲い、海岸地の一帯が泥海になるとともに、平野の田畑は砂礫で覆われ農業への被害は甚大となった。そのため、今後起こりうる南海トラフ巨大地震に備えてどうすべきであるかを考えていくため、まち歩きの前に同気象台の専門家が講話した。
同気象台による講演の後、徳島県損害保険代理業協会の指導のもと、ぼうさい探検隊まち歩きを実施し、南海トラフ巨大地震に備えて、ブロック塀や電線の点検や津波避難ビルの確認などを行った。
作成したマップは、同協会主催「ぼうさい探検隊マップコンクール」に応募することとしていく。
同協会が現在取組んでいる第8次中期基本計画では、「自然災害に対する地域防災力の強化」が重点施策の一つになっており、同支部は、今後も「ぼうさい探検隊」活動の推進や、自治体等と連携した防災啓発活動などを通じて、地域の防災活動に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月3日からの大雨による災害に関する損保業界の対応を発表

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(大分県・岐阜県)を発表

生保

住友生命、第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集を開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontierWorld」を全国展開

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定