シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、「水害への備えに関する調査」結果を発表

損保ジャパン日本興亜は、「水害の備えに関する調査」を昨年度に引き続き実施した。その調査結果および専門家のコメントを発表した。
2018年は西日本豪雨や台風21号などの大規模な災害が立て続けに発生し、保険金の支払いも過去最大となった。損保ジャパン日本興亜は、公的機関等が開示するハザードマップに過去の保険金支払い実績データを加えたオリジナルのハザードマップを2018年4月から提供している。また、自治体や他の企業と共同で、AIを活用した防災・減災システムの開発にも取り組んでいる。
■調査結果のポイント
1.約60%が水害への「防災意識は高まっている」と回答。
2.一方、水害に対しての「備えが十分できていない」は約93%。
3.水害ハザードマップを確認し「自宅付近の水害リスクを確認している」約38%。
4.自治体が発令する「警戒レベル」について「知っている」34%。
詳細:https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/2019/20190719_2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

関連商品