シンニチ保険WEB

AIG損保、災害からいのちを守る森を作る植樹事業への参画を拡大

AIG損保は、鎮守の森のプロジェクトが行う植樹事業への参画を拡大し、大阪府阪南市で「いのちを守る植樹祭」を開催する。
2014年よりAIG損保は当プロジェクトと共に、東日本大震災の被災地域や高知県南国市など、16回延べ1,600名の社員が参加する植樹祭を開催してきた。今回、2016年8月に締結した大阪府との連携協定事項10分野(2017年1月に2分野追加)のうち「防災・減災」分野に基づき、南海トラフ地震への備えとして、10月20日に阪南市での開催が決定した。
また、当植樹祭に先立ち、同社社員有志団体のAIG ふれ愛倶楽部より、屋内用シェルター200基と災害時用ホイッスル2,000個を、大阪府を通じて阪南市へ寄贈した。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

関連商品