シンニチ保険WEB

共栄火災、今年も714万錠の浄水剤を途上国の子どもたちへ

共栄火災は、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるために、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、浄水剤714万錠分に相当する額を寄付した。2015年に社会貢献活動の一環としてスタートした「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みによるもので、今後もこの取組みを継続していく。
「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」は、途上国の子どもたちへ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために自動車保険料の一部を拠出し寄付するもので、2015年から継続している社会貢献活動。
今年も去る5月16日(木)に、同社関係者が公益財団法人日本ユニセフ協会を訪問し、2018年4月~2019年3月の1年間で集まった寄付金を届けした。拠出した寄付金は、浄水剤714万錠分(小学校の標準的なプールで約100杯分の飲料水に相当)として途上国に届けられる。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

コープ共済連、ピンクリボン運動について

生保

住友生命、シンガポールにおける障がい者活躍支援の実証実験を実施

損保

損保協会、高齢者からのトラブル相談が急増、「2019年度版住宅修理サービストラブル注意喚起チラシ」を作成

損保

AIG損保、子どもの交通安全啓発に役立つオンラインゲーム「ALL BLACKS 交通安全ゲーム」提供開始

生保

富国生命、宮城県への被災地応援活動を継続実施

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、社員対象に「パラマウントチャレンジカヌー」開催

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)により社会福祉等10団体へ寄付

損保

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2019」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ソニー生命、ボランティア・デイの実施及びボランティア活動を報告