シンニチ保険WEB

共栄火災、今年も714万錠の浄水剤を途上国の子どもたちへ

共栄火災は、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるために、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、浄水剤714万錠分に相当する額を寄付した。2015年に社会貢献活動の一環としてスタートした「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みによるもので、今後もこの取組みを継続していく。
「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」は、途上国の子どもたちへ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために自動車保険料の一部を拠出し寄付するもので、2015年から継続している社会貢献活動。
今年も去る5月16日(木)に、同社関係者が公益財団法人日本ユニセフ協会を訪問し、2018年4月~2019年3月の1年間で集まった寄付金を届けした。拠出した寄付金は、浄水剤714万錠分(小学校の標準的なプールで約100杯分の飲料水に相当)として途上国に届けられる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」の開催

生保

太陽生命、「全国一斉クリーンキャンペーン」を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、「ホワイト物流」推進運動への参加

損保

損保ジャパン日本興亜、2019年度「市民のための環境公開講座」受講者募

損保

損保協会、保険金詐欺未遂事案検挙で広島県警察に感謝状

生保

生保協会、2019年度生命保険協会留学生給付型奨学金(セイホスカラーシップ)奨学生8名を決定

生保

富国生命、神戸支社が兵庫県警察本部と「特殊詐欺等の被害防止に関する協定」を締結

生保

太陽生命、「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2019」を開催

損保

損保協会、「高齢者事故多発地点マップ」を初公開

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学共同研究成果【世界初】自然災害による被災建物棟数の「リアルタイム被害予測ウェブサイト」を開設