シンニチ保険WEB

損保協会、仙台市主催「自転車まつり2019」へ出展

損保協会は、5月25日(土)に開催された仙台市「自転車まつり2019」にブースを出展し、クイズを行って自転車事故のリスクを説明したり、賠償保険の必要性を呼びかけたりした。
仙台市では2019年1月1日から「仙台市自転車の安全利用に関する条例」が施行され、4月1日からは自転車損害賠償保険等への加入が義務づけられている。このような背景のもと、市民への自転車安全利用の理解促進の取り組みの一環として、本イベントが開催された。
当日は、郡仙台市長が当協会のブースを訪れ、当協会東北支部の柴田事務局長が、自転車事故に備える保険や当協会の取組み内容について説明した。
ブースには家族連れを中心に約150名の方が来訪し、「子どもが小学生になり、自転車を利用するようになるので保険加入を検討したい」、「自転車を利用している親族に自転車の損害賠償保険について教えたい」といった感想があった。
東北支部では、今後も仙台市等と連携して自転車事故を補償する賠償保険の周知などを行い、安心・安全な自転車利用の推進に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

関連商品