シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、KDDIとau損保の資本異動について合意

あいおいニッセイ同和損保とKDDIは、au損保の資本異動について合意した。KDDIは2019年7月2日に、あいおいニッセイ同和損保が現在保有している株式の一部を取得し、au損保を連結子会社とする予定で、異動後の株式保有割合は以下のとおり。
○異動前の株式保有割合(2019年5月27日現在)
KDDI株式会社 33.4%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 66.6%
○異動後の株式保有割合
KDDI株式会社 51.0%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 49.0%
au損保は2010年2月にあいおい損害保険(現・あいおいニッセイ同和損害保険)とKDDIの合弁会社として設立した。近年、各自治体による自転車保険の加入義務化に伴い自転車安全利用等に関する協定の締結など、自転車保険の普及に取り組んでいる(注1)。
また、2016年4月からKDDIと連携しauブランドの保険として「auの損害ほけん」を、2019年4月より「au自動車ほけん」の提供を開始している。
KDDIおよびauフィナンシャルグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進している。
このたびの資本異動により、KDDIの通信事業を基盤としたau経済圏や5G、IoTなど、KDDIグループの経営資源を最大限に活用し、KDDIグループ各社との連携を強化していく。
さらに、現在提供中の自転車、旅行、ペット保険のほか、さまざまな損害保険サービスの拡充に取り組む。
なお、KDDIは関係当局の許認可取得を前提に、au損保をauフィナンシャルホールディングス株式会社(注2)の傘下に移管することを検討している。
あいおいニッセイ同和損保は、引き続き損害保険ビジネスに関する知見の提供を通じ、au損保によるWeb完結型保険募集の高度化や健全かつ適切な業務運営の実現により、お客さまに高品質の商品・サービスを提供するとともにau損保の企業価値の最大化に貢献していく。
(注 1)2019年3月末時点で13自治体と締結。
(注 2)決済・金融事業の強化を目的として2019年4月に業務を開始したKDDIグループの金融持株会社。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「再造林等費用補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の事故データとSNSビッグデータの分析で、地域の自然災害リスクを調査する実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する同社商品・サービスを拡充

損保

あいおいニッセイ同和損保、NExT-e Solutions社と「蓄電池のリユース市場創出」に向けた協業を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、サプライチェーン攻撃対策の包括的支援メニューを提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「第11回 日本HRチャレンジ大賞」人材育成部門優秀賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ウエストホールディングスとが資本業務提携を締結

関連商品