シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、「学生が選ぶインターンシップアワード」で優秀賞を受賞

あいおいニッセイ同和損保は、株式会社マイナビが運営事務局をつとめる、第2回『学生が選ぶインターンシップアワード』において、「優秀賞」を受賞した。
同社は今後も、効果的なインターンシッププログラムを通し、学生の職業観涵養促進に貢献していく。
1.「学生が選ぶインターンシップアワード」の概要
本制度は、学生の社会的・職業的自立に寄与する効果的なインターンシッププログラムを広く社会に周知することで、プログラムの質的向上および実施企業数の増加を実現し、学生と企業のより精度の高いマッチングへ繋げていくことを目的に、2017年度に創設した。
優秀賞は、独創的なインターンシッププログラムや多彩な機会創出により、学生の専攻を考慮したキャリア教育の機会を提供するなど、他社の模範となる取り組みを実施し、その成果が認められる企業・団体に授与される。
今年度は、全国より223社・287プログラムが応募され、上位6社に「優秀賞」(うち、1社「大賞」)が授与されている。
2.受賞理由
学生アンケート・学生部会・有識者部会における審査を経て、以下の点が評価した。
「実務体験をさせることが難しい事業内容でありながら、2,000人を超える社員の協力のもと、学生が実際の業務に取り組める最大5日間のインターンシップ。なおかつ、ただ営業部門・損害サービス部門に送り出すだけではなく、「自己理解」・「業界・仕事理解」・「ビジネスマナー習得」といったコンテンツで丁寧にフォローしており、学生の成長を促す工夫がなされている。特に自己理解パートにおいては、学生自身で価値観を探求するプロセスが、新しい自分の発見につながったという声が多く聞かれた。業務体験後は、個々に対する丁寧なフィードバックも実施されており、一連の体験を総括できる内容となっている。各コンテンツの設計や一連のストーリー作りに、綿密な設計がなされているプログラムである。」
3.受賞プログラム「BOSSのカバン持ち」の紹介
全国35地域にて開催しており、最大5日間のカリキュラムでは損害保険の使命・仕事内容を知ってもらうことはもちろん、多角的な自己分析や同社の第一線である営業部門・損害サービス部門での職場体験を通し学生の挑戦心や可能性を引き出すプログラムとなっている。
今年度も2020年2月に全国で開催する予定であるが、先んじて2019年8月~9月にかけ、夏季インターンシップ「BOSSからの挑戦状」を開催する。
詳細は6月より同社のインターンシップHPにて案内する。
※「あいおいニッセイ同和損保インターンシップ」と検索

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の事故データとSNSビッグデータの分析で、地域の自然災害リスクを調査する実証実験を開始

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

関連商品