シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、仕事と介護を両立する勤労者に対するアンケート調査を実施

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、社会的な課題となっている介護について、就業しながら介護経験がある30代~50代の勤労者669名を対象としたアンケートを実施した。
同社は、お客さまの万が一の時を考え、介護などによる経済的な負担を軽減したいという思いから、認知症や介護を保障する保険を提供している。人生100年時代を考えると、仕事と介護の両立は多くの人が直面する課題となる。仕事と介護を両立するために求められていることを明らかにすることで、誰もが安心して働くことができる社会を目指す。
■調査結果のポイント
・介護の頻度が毎日の人の割合は「41.3%」
・仕事と介護の両立に不安を感じる人は「82.2%」
・自分が働く会社に、介護に関する人事制度がある人の割合は「47.1%」
・会社の介護に関する人事制度で希望するものは、介護休業制度が「42.7%」
・介護が原因で転職または会社を辞めようと思ったことがある人の割合は「55.1%」
・毎月の介護に関する費用は、3~5万円が「26.7%」
・要介護者の民間の保険加入率は「48.4%」
・必要だと思う民間の保険は介護保険が「68.9%」、認知症保険が「51.4%」
<アンケート調査概要>
調査期間:1月17日(木)~1月23日(水)
調査方法:インターネット(PC、携帯電話モバイルサイト)
調査対象地域:全国
調査対象者:30代~50代の勤労者の男女
回答者数:669名(男性:335名、女性:334名)

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、コロナウイルス禍の「たすけあい」に関する意識調査を実施

生保

エヌエヌ生命、第3回新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査を実施

損保

損保ジャパン、自動運転に関するアンケート調査を実施

損保

東京海上日動、先進的船舶の実践投入検討(せとうちクレイドルプロジェクト)を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京臨海部実証実験の交通事故調査業務を受託

生保

太陽生命、「認知症予防に関する行動・意識調査」を実施

生保

日本生命、民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画

損保

損保ジャパン、働き方に関する意識調査を実施

生保

日本生協連、新型コロナウイルス感染症についてのアンケート第2弾の結果を発表

生保

住友生命、新型コロナ禍における役員・従業員の緊急本音アンケート調査実施

関連商品