シンニチ保険WEB

大同火災、那覇市社会福祉協議会への使用済み切手を寄贈

大同火災は、2019年5月15日(水)、社会貢献活動の一環として、社内で収集した使用済切手を那覇市社会福祉協議会へ寄贈した。
那覇市社会福祉協議会では、使用済切手を換金し、それを紙おむつ交換券へ換え、「紙おむつ支給決定交付式」において、常時紙おむつを必要とする体の不自由な方へ支給している。
「この島の損保。」大同火災は、今後とも地元沖縄の社会福祉に貢献するという観点から、本取り組みを継続していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、「水害への備えに関する調査」結果を発表

生保

住友生命、第7回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、べルマーク200万点を被災地の学校へ寄贈

損保

損保ジャパン日本興亜、東京都の「ゼロエミッション東京」の取組みに賛同しCO2削減クレジット2万トンを寄付

生保

富国生命、奈良支社が奈良県警察本部と「安全・安心まちづくりの協力に関する協定」を締結

損保

アイペット損保、山村鉄平社長と今年度新入社員が青森県動物愛護センターでのボランティア活動に参加

損保

大同火災、機構改革(営業店再編)を発表

生保

第一生命、東京都へクレジット(CO2超過削減量)を寄付

生保

太陽生命、『いのち輝く明るい森林(もり)づくり』を実施

生保

住友生命、「スミセイ・ミライBootCamp」を開催