シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、弥彦村と『地方創生に関する防災力向上に係る連携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は4月25日、新潟県西蒲原郡弥彦村と『地方創生に関する防災力向上に係る連携協定』を締結した。損保ジャパン日本興亜は、本協定の締結により、生活の中に歴史が溶け込み、四季折々の自然が楽しめる弥彦村の「安心」・「安全」な村づくりに貢献していく。
1.背景・経緯
・弥彦村は、新潟県のほぼ中央部の日本海側に位置し、西は霊峰弥彦山(634m)を隔てて新潟市・長岡市と接し、東南は燕市、北は新潟市とそれぞれ肥沃な穀倉地帯を隔てて隣接している。また、天香山命(あめのかぐやまのみこと)をご祭神としている越後一宮「彌彦神社」は万葉の昔から「おやひこさま」の愛称で広く民衆から愛され崇拝されてきた。また立地条件に恵まれているため、県内はもとより首都圏・関西方面との結びつきも強くなり新潟県屈指の観光地となっている。
・一方、弥彦村はこれまで大きな災害に遭遇したことがなく、弥彦村は、防災に関する村民への情報提供や村民の防災意識向上を課題としていた。
・損保ジャパン日本興亜は、新潟県におけるトップシェアの損害保険会社として、地域産業の安定的な繁栄を支援するノウハウを活かし、村民サービスの向上と地域の活性化に貢献するため、地域創生に関する防災力向上に係る連携を弥彦村に提案し、このたび協定に至った。
2.協定の目的
弥彦村と損保ジャパン日本興亜は、緊密な相互連携と協力により、地域の安心・安全の向上を図る。
3.協定の主な内容
以下の4項目において、業務連携をする。
(1)ドローンを活用した情報収集
(2)防災意識向上の普及
(3)地震保険の情報提供や加入促進
(4)その他、安心・安全に関する相互協力
4.今後について
損保ジャパン日本興亜は、上記4項目について弥彦村と連携し、地方創生を支援していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の東京臨海部実証実験に参画

損保

SBI損保、長野信用金庫にてがん保険取扱い開始

損保

損保ジャパン日本興亜、「ホワイト物流」推進運動への参加

損保

損保ジャパン日本興亜、2019年度「市民のための環境公開講座」受講者募

損保

損保ジャパン日本興亜、【業界初】「移動支援サービス専用自動車保険」の販売開始

損保

損保協会、保険金詐欺未遂事案検挙で広島県警察に感謝状

生保

富国生命、神戸支社が兵庫県警察本部と「特殊詐欺等の被害防止に関する協定」を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、AI防災協議会へ参画

損保

共栄火災、がんに関する正しい知識の普及・啓発を支援~国立がん研究センターと包括的連携協定を締結~

損保

損保ジャパン日本興亜、「空飛ぶクルマ」をはじめとする先端技術の実証事業への参画