シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、大学生・大学院生の環境NPOインターンシップ「CSOラーニング制度」参加者募集を開始

損保ジャパン日本興亜は環境分野の人材育成のため、大学生・大学院生を対象に環境に関するCSO※で活動する「CSOラーニング制度」の参加者を募集する。
※CSO=市民社会組織(Civil Society Organization)の略でNPOやNGOを含む概念。
1.「CSOラーニング制度」の概要
環境分野の人材育成を目的に大学生・大学院生へ環境について学ぶ場を提供する制度である。本制度は2000年から開始し、今年で20年目を迎え、これまでに1,069人の学生が本制度に参加した。
学生を長期インターンシップとして環境に関するCSOへ派遣し、さまざまな業務に従事してもらう。学生を派遣することはCSOにとっては人的支援となり、その活動支援にもつながる。活動に参加する学生には1時間あたり800円の奨学金と交通費を支給する。 この原資の一部はSOMPOホールディングスグループの社員による寄付制度「SOMPOちきゅう倶楽部社会貢献ファンド」を活用している。
2.活動内容
2019年6月から2020年1月末まで8か月間のインターンシップを行い、2020年2月から3月末まで活動のまとめ・振り返りを実施する。
参加する学生は、CSOの職員と同じ立場で自然保護等環境に関する活動の企画、運営、広報などのほか、CSOの組織運営に関する業務にも従事する。このような経験を通して、環境問題やCSOの活動についての見識を深め、より視野の広い社会人になることを目指す。
3.募集要項
(1)応募資格:大学生および大学院生(海外からの留学生も応募可能である)
(2)募集人数:関東・関西・愛知・宮城の4地区合計で65人程度
(3)選考方法:書類審査および面接により選考する。
(4)応募方法:損保ジャパン日本興亜環境財団の公式ウェブサイトから応募可能。
(5月6日(月)締切)
https://www.sjnkef.org/cso/cso_form.html
(5)募集説明会:4月中に全国4か所で募集説明会を開催する。
東京(新宿)4月15日(月)、京都4月22日(月)、名古屋4月19日(金)仙台4月17日(水)
損保ジャパン日本興亜環境財団の公式ウェブサイトから申し込み可能。
https://www.sjnkef.org/cso/description.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

生保

第一生命グループ3社、新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関および医療従事者の方々への支援の実施

損保

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして参画

生保

生保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援として10億円の寄附を決定

損保協会・団体

損保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援金を寄付

生保

第一生命、グラミン・クレディアグリコル基金を通じたマイクロ・ファイナンス向けの融資を発表