新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上文化財団、2019年度コンサート開催地と助成先を決定

三井住友海上の社会貢献事業機関である公益財団法人三井住友海上文化財団は、このほど、2019年度に実施する「地域住民のためのコンサート」の開催地および、「文化の国際交流活動に対する助成」と「コンサート開催助成」の助成先を決定した。
同財団では、今後も、音楽や郷土芸能への支援を通じて、地域における文化振興および国際交流の促進に貢献していく。
1.「地域住民のためのコンサート」について
都道府県および市町村と共催で、日本屈指の演奏家による上質なコンサートを開催している。同財団は2019年度32市町村で開催し、累計開催件数は872回(2019年度公演を含む)となる。
2.「文化の国際交流活動に対する助成」について
音楽や郷土芸能の分野で有意義な国際交流活動を行うアマチュア団体へ助成金を贈呈している。同財団は2019年度8団体に助成し、累計助成件数は478件、累計助成金額は3億0,050万円(2019年度助成先を含む)となる。
3.「コンサート開催助成」について
クラシックコンサートの開催が難しい地域(原則として離島)において、コンサートを開催するアマチュアの個人や団体へ助成金を贈呈する。同財団による助成は、累計23件(2019年度助成先を含む)となる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

関連商品