新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、川内優輝選手(陸上・マラソン)と所属契約を締結

あいおいニッセイ同和損保は、4月1日より、陸上・マラソンの川内優輝選手と所属契約を締結することになった。川内選手は今後、同社所属選手として国内外の競技に出場する。
同社は、川内選手の所属会社として競技活動を支援するとともに、その活動を通じ、川内選手とともに「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする特色ある個性豊かな会社」を目指す。
▼川内優輝選手プロフィール
1987年3月5日生まれ 東京都世田谷区出身 学習院大学法学部政治学科 卒業
<主な競技戦績>
2018 ボストンマラソン 優勝
2017 ゴールドコーストマラソン 3位、 第16回世界選手権マラソン9位
2014 第17回アジア大会(仁川)マラソン銅メダルなど
陸上歴26年。学習院大学では箱根駅伝にも関東学連選抜6区として2度出場。2009年、埼玉県庁に入庁後もフルタイム勤務の市民ランナーとして競技を続ける。2019年4月1日より、あいおいニッセイ同和損害保険所属のプロランナーに転身。これまでに招待選手やゲストランナーとして200回以上(一般参加等も含めると540回以上)のレースに出場。フルマラソンはすべてサブ30及び20位以内で完走しており、サブ10の世界最短間隔記録(中13日)や日本人最多記録(13回)なども樹立している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

生保

アクサ・ホールディングス・ジャパン「第21回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンド、子どもたちを対象とした「町田ブラインドサッカー体験会Presented byアクサ」を同時開催

関連商品