シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、認知症に対する理解を深めるため、全社を挙げて「認知症サポーター養成講座」を受講

三井ダイレクト損保は、社員の認知症に対する正しい知識習得等を目的とし、2018年12月から2019年2月にかけて役職員484名(全体の84%)が「認知症サポーター養成講座」を受講した。
今後ますます進展していく高齢化社会を見据え、本講座の受講を通じて、社員が認知症に関する正しい知識と認知症の方への適切な対応方法等を身につけ、実践することで、お客さまをはじめとしたすべてのステークホルダーに対し、より一層の安心を届けていく。
≪認知症サポーター養成講座とは≫
認知症に対する正しい知識と理解を持ち、認知症の方やその家族を暖かく見守る応援者である「認知症サポーター」を全国で養成するために、全国の地域や職域団体等で開催している講座である。
同社およびMS&ADインシュアランス グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と掲げ、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を道標として実現に向けた取組みを進めていく。
同社は、今後も企業活動を通じて社会との共通価値の創造に取り組むとともに、SDGsの目標を確実に達成していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

損保

三井ダイレクト損保、2020年3月期 決算概況について発表

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

生保

第一生命グループ3社、新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関および医療従事者の方々への支援の実施

損保

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして参画

生保

生保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援として10億円の寄附を決定

損保協会・団体

損保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援金を寄付