シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、認知症に対する理解を深めるため、全社を挙げて「認知症サポーター養成講座」を受講

三井ダイレクト損保は、社員の認知症に対する正しい知識習得等を目的とし、2018年12月から2019年2月にかけて役職員484名(全体の84%)が「認知症サポーター養成講座」を受講した。
今後ますます進展していく高齢化社会を見据え、本講座の受講を通じて、社員が認知症に関する正しい知識と認知症の方への適切な対応方法等を身につけ、実践することで、お客さまをはじめとしたすべてのステークホルダーに対し、より一層の安心を届けていく。
≪認知症サポーター養成講座とは≫
認知症に対する正しい知識と理解を持ち、認知症の方やその家族を暖かく見守る応援者である「認知症サポーター」を全国で養成するために、全国の地域や職域団体等で開催している講座である。
同社およびMS&ADインシュアランス グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と掲げ、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を道標として実現に向けた取組みを進めていく。
同社は、今後も企業活動を通じて社会との共通価値の創造に取り組むとともに、SDGsの目標を確実に達成していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保協会、「はじめての気候変動対応ハンドブック」の作成・公表

生保

ジブラルタ生命、令和元年台風19号等の被害に対する寄付

生保

SOMPOひまわり生命、学習院大学主催シンポジウム『超高齢社会を科学するⅣ』へ協賛

損保

トーア再保険、令和元年台風19号災害に対する義援金を拠出

協会・団体

損保協会、「交差点事故注意」チラシとポスターを沖縄県警に寄贈

協会・団体

損保協会、滋賀県東近江市立山上小学校の防災教室で「ぼうさいダック」等を実施

生保

アフラック生命、「オンライン医療相談サービス」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、国土地理院の浸水推定情報を活用したお客さま対応に関する取組みを実施

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

損保

三井住友海上福祉財団、2019年度「研究助成」を決定