新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発

損保ジャパン日本興亜は、ジェネクストとドライブレコーダーによって撮影・取得された衝突時の映像とGPS位置情報から事故状況を正確に分析することにより、自動車交通事故における責任割合を自動算定するシステムを共同開発することに合意した。
本システムの開発により、自動車交通事故における責任割合の判定プロセスを明確にするとともに迅速な事故解決を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

損保

損保ジャパン、SOMPO流「逃げ地図」づくりワークショップの本格展開を開始

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、「2023BEST PRACTICES AWARD」で、米国子会社MOTERが「Enabling Technology Leadership Award」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、保険金の不正請求を検知する「AI不正検知システム」を開発

生保

明治安田生命、MYほけんアプリに新サービス「健康献立 by 味の素(株)」が登場

生保

第一生命、「exaBase Studio」を導入

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、Robust Intelligenceが業務提携

生保

SBI生命、アミフィアブルとGPT-4を組み込んだテスト工数削減AIアプリの新機能を共同開発

生保

かんぽ生命、企画業務の生産性向上・高度化を目的とした生成AIの導入

関連商品