新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、「健康経営」を支援する最先端 IoT 技術の試行事業 技術の試行事業

東京海上日動は、ジンズおよび日立システムズがサービスとして提供する技術を活用した、「健康経営(※1)を支援する最先端 IoT 技術の試行事業」を行う。また、本技術から計測されるデータに基づいた、新たなサービスの開発も検討していく。
1.背景
わが国における労働人口の減少を背景に、従業員が健康で元気に働き続けられる環境の整備は、企業の発展にとって喫緊の課題であると考えられており、企業等による健康経営への注目度が高まってきている。
一方、健康経営に継続的に取組むためには、計測可能な定量指標に基づくPDCAサイクルの実践が求められているが、現時点では実務で活用することのできる分かり易い指標が存在しないとも言われている。
このため、お客様の健康経営への挑戦の支援を目指す同社は、このような指標の創出に向け、学術機関やヘルスケア関連事業者との共同事業に取り組んでいる。
2.概要
同社は以下の2つの「健康経営を支援する最先端 IoT 技術の試行事業」を行う。
①株式会社ジンズ(JINS MEME)
メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」で、まばたき、視線移動、姿勢の変化を計測し、専用のスマートフォンアプリケーションで“集中力”を可視化する技術。
②株式会社日立システムズ(音声こころ分析サービス)
スマートフォンアプリケーション利用者の「声」を分析し、“こころの不調”を早期発見する技術を活用したクラウドサービス。
本試行事業は、同社がこれまで積み重ねてきた健康経営支援をより高度なものにすることを目指した取組みである。
企業における従業員の“労働生産性の向上”や“こころの安定”を実現できるような、従来の保険会社の枠組みを超えた新たな付加価値提供や実効性のある包括的なサービス提供も併せて検討する。
具体的には、健康経営支援における同社のノウハウに、上記の最先端 IoT 技術を取り入れた、付加価値の高いサービスの実現を目指す。
(※1)健康経営:NPO 法人健康経営研究会の登録商標。
(注)上記掲載の商品名、会社名は、各社の商標または登録商標である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保

東京海上グループ、富士通とお客様のレジリエントなサプライチェーンの構築を目指して協業しサプライチェーンリスク可視化サービスを提供開始

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

損保

東京海上日動、グローバル企業向けリスクマネジメント・デジタルプラットフォーム“TM StationPortal”の提供開始

損保

東京海上ホールディングス、公正取引委員会による東京海上日動への立入検査でコメントを発表

損保

損保ジャパン、SOMPO流「逃げ地図」づくりワークショップの本格展開を開始

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、「2023BEST PRACTICES AWARD」で、米国子会社MOTERが「Enabling Technology Leadership Award」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、保険金の不正請求を検知する「AI不正検知システム」を開発

損保

東京海上日動、代理店への情報漏えいで対象提携代理店の範囲が拡大

関連商品