新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、スポーツ庁「平成30年度スポーツエールカンパニー」に2年連続で認定

三井住友海上は、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に認定された。
同社は、健康アプリ「ココカラダイアリー」を活用したウォーキング企画の実施やスポーツ選手直伝の「健康保持・増進」動画による運動推進が評価された。
今後も、社員がスポーツ・運動ができる環境を整え、社員の健康増進に取り組んでいく。
1.スポーツエールカンパニーについて
社員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取組を実施している企業347社が、スポーツ庁により「スポーツエールカンパニー」として認定された。
※平成30年度スポーツエールカンパニー:スポーツ庁ウェブサイト
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/30/12/1411665.htm
2.同社の取組
(1)健康アプリ「ココカラダイアリー」を活用した健康増進
同社が作成した健康アプリ「ココカラダイアリー」は、毎日のココロとカラダの健康づくりをサポートするアプリである。アプリの歩数計機能を活用し、10月にはウォーキング企画を社内で実施し、1か月で24万8千歩を目指して社員が健康増進に取り組んだ。
(2)スポーツ選手直伝の「健康保持・増進」動画
 同社スポーツ選手を講師とした社内で楽しくできる運動・ストレッチ動画を作成した。社員がPCやスマートフォンから簡単に視聴することができ、職場で運動・ストレッチできる環境を整えることで健康増進を進めている。
<「ココカラダイアリー」の特徴>
①ストレス・リラックス度の測定
②歩数と健康データの記録
③食生活の改善
④医療情報の確認
<スポーツ選手直伝の「健康保持・増進」動画特徴>
①PCやスマートフォンから簡単に視聴
②社内で簡単にできる運動・ストレッチ紹介
③スポーツ選手を講師としてシリーズ化

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、金融庁への業務改善計画書を提出

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

関連商品