新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「2018ワールドマスターズ・広州」で近藤亜美選手、鍋倉那美選手が準優勝

三井住友海上の女子柔道部から12月15日(土)~16日(日)に中国・広州で開催された「2018ワールドマスターズ・広州」に3名の選手が出場し、近藤亜美選手(48kg級)、鍋倉那美選手(63kg級)が準優勝、玉置桃選手(57g級)が3位に入賞した。
本大会は、IJF(国際柔道連盟)世界ランキング上位16名の選手のみ(上位選手出場辞退の場合は以降繰り上がり)が出場する、世界選手権に次ぐ大会である。入賞者にはIJFランキングポイントが加算される。(1位1800点、2位1260点、3位900点)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

生保

アクサ・ホールディングス・ジャパン「第21回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンド、子どもたちを対象とした「町田ブラインドサッカー体験会Presented byアクサ」を同時開催

生保

明治安田生命、JLPGAステップ・アップ・ツアー「明治安田ステップ・ランキング」を新設

生保

朝日生命、令和5年度「東京都スポーツ推進企業」および「スポーツエールカンパニー2024」に認定

生保

T&Dフィナンシャル生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」にそれぞれ6年連続で認定

関連商品