シンニチ保険WEB

損保協会、IAISのICSバージョン2.0市中協議への意見を提出

損保協会は、保険監督者国際機構(IAIS)の「ICSバージョン2.0」市中協議への意見書を10月30日(火)に提出した。
ICS(国際資本基準)とは、IAISが、「国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通の枠組み(コムフレーム)」の一部として開発を進めている、IAIGsに適用されるリスクベース、グループ(連結)ベースの資本十分性の指標である。IAISは、ICSによってIAIGs間の比較可能性を向上させ、グループ資本基準が収れんすることを目指している。
市中協議では、「ICSバージョン2.0」(2019年策定、2020年からコムフレームの一部として実施に向け、資産・負債の評価の比較可能性の向上、ICS所要資本の測定における内部モデル等の使用、ICS2.0の実施プロセス(モニタリング期間、各国における移行措置)等の論点について、2018年7月31日から10月30日まで意見が募集された。
損保協会はIAISでの国際資本基準策定の議論に積極的に参加している。今回の市中協議に対し、損保協会では、ICSの信頼性や比較可能性の向上、リスク実態の適正な反映、公平な競争条件の確保、作業負荷軽減等の観点で意見を取りまとめ、提出している。詳細は、下記リンクを参照。
◎保険監督者国際機構(IAIS)の国際資本基準(ICS)バージョン2.0に関する損保協会意見≪http://www.sonpo.or.jp/news/file/01406.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、改正民法(2020年4月1日施行)に関する契約及び約款の内容への影響を発表

損保

損保協会、IAISの再建計画に係る文書案に意見提出

損保

損保協会、今年度発生した風水災に係る各種損害保険の支払件数を訂正

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、新企業スローガン「あなたが健康だと、だれかがうれしい。」をリリース

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、SDGs特設ページを開設

損保

損保協会、「行動規範」を改定

損保

損保協会、6月から9月に発生した地震・風水災に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等の取りまとめを発表

損保

セゾン自動車火災、「お客さま本位の業務運営方針」取組み状況(半期報告)の公表

生保

住友生命、世界各国のVitalityパートナーと共に「2025年までに世界の1億人の活動量を現在より20%アップさせる」ことを宣誓