シンニチ保険WEB

損害保険ジャパン日本興亜、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、全国健康保険協会北海道支部との健康経営普及促進にかかる協定の締結

損害保険ジャパン日本興亜と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、全国健康保険協会北海道支部(以下「協会けんぽ北海道支部」)が進める健康経営サポート事業「健康事業所宣言」事業に賛同し、「健康経営等の普及促進に向けた協力・連携に関する協定」を締結した。同協定により、道内の企業・事業所で働く県民の生産性の向上や健康寿命の延伸、企業における人材確保など、各種課題の解決に貢献することを目指す。
1.実施の背景
損保ジャパン日本興亜は、SOMPOホールディングスの中核会社である。SOMPOホールディングスは、グループの経営理念として「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスの提供による社会貢献」を掲げており、保険事業のみならず、介護、健康、環境など、幅広い分野での事業展開や地域貢献に取り組んでいる。協会けんぽ北海道支部が取り組む「健康事業所宣言」事業の普及は、企業の経営強化とそこで働く従業員の「安心・安全・健康」につながり、ひいては北海道の人材の活性化と発展につながるものと考え、損保ジャパン日本興亜と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の健康経営支援のノウハウ等を活かして貢献するため、このたび協定を締結した。
2.協定の目的・主な内容
協会けんぽ北海道支部、損保ジャパン日本興亜および損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が、北海道内の健康経営等の普及促進に関して連携・協力し、協会けんぽ北海道支部に加入する事業者の従業員等の健康増進を図ることを目的としている。
3.今後について
損保ジャパン日本興亜と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、個人や企業のお客さまに万が一の際の保険機能を提供するだけでなく、万が一を起こりにくくする「予防」、そして日常生活をさらに豊かにする「安心・安全・健康」に貢献する商品・サービスを通じ、社会に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOケア、【全国初】地域包括ケアシステムでの活用を目指した、自動搬送ロボットの走行実証実験を実施

生保

明治安田生命、岩手県大船渡市、広島県広島市と「包括連携協定」を締結

損保

東京海上ホールディングス、介護×テクノロジーで社会課題解決を目指す、ウェルモ社と資本業務を提携

損保

損保ジャパン、金沢市と『持続可能な次世代型交通システム連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、トヨタL&F岩手株式会社と「笑顔溢れる岩手づくりを目指した包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、ICTツールを活用した健康二次被害予防のための実証事業を12月1日から開始

生保

住友生命、茨城県鹿嶋市・PREVENTとの三者間包括連携協定を締結

生保

第一生命、地域住民のwell-beingを高めるまちづくり“SETAGAYA Qs-GARDEN”が本格始動

生保

明治安田生命、愛知県豊田市と「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、北海道深川市との「包括連携協定」を締結

関連商品