新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保、「ペット休暇制度」の対象ペットの範囲を拡大

アイペット損保は、11月1日(木)にペット保険「うちの子キュート」の対象ペットの範囲を拡大することに伴い、「ペット休暇制度」の対象ペットも同様に拡大する。同社では、2016年7月より犬・猫と一緒に暮らしている従業員を対象に「ペット休暇制度」を導入し、2017年7月にはペット保険「うちの子キュート」の対象ペットである鳥・うさぎ・フェレットに同制度の対象を拡大した。これまでも、ペットと暮らす多くの従業員が同制度を活用してきたが、今回の対象ペット拡大により、より多くの従業員が家族であるペットと多くの時間を過ごせるようになった。
■「ペット休暇制度」の概要
①ペット忌引き:従業員と一緒に暮らしているペットが亡くなった際、休暇を取得できる
②ペット休暇:ペットと一緒に暮らしている従業員が、ペットと過ごすための休暇を取得できる
■ペット休暇制度の利用状況(2017年10月1日~2018年9月30日)
全従業員の30%以上がペット休暇制度を利用しており、制度の浸透や対象ペットの拡大により本制度の利用率も伸びている。
① ペット忌引き:3名(取得日数:4日)
② ペット休暇:128名(取得日数:137.5日)
ペットの手術や急な通院で休暇を取得した従業員からは「動物病院の診療日と休日が合わないときに、ペット休暇が使えて助かった」「ペットの急な体調不良にも対応できてありがたかった」など、また、ペットの誕生日に休暇制度を利用した従業員からは「ペットのために普段作れない時間を作れた」など、ペットと過ごす時間を有意義に使えたとの声が多数寄せられている。
同社では、今後も経営理念に掲げる「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」に基づき、従業員にとって働きがいのある職場づくりを目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

関連商品